ドラマ&映画 カテゴリ

松本穂香「泣きそう…」 主演映画の主題歌生鑑賞で感激 銭湯男湯でトークイベント

 女優の松本穂香が10月31日、東京・阿佐ヶ谷の小杉湯の男湯でた映画『わたしは光をにぎっている』(11月15日公開)の『トークイベントin 銭湯』に参加。主題歌の「光の方へ」を生で聞いた松本は目をウルッとさせていた。

【写真】その他の写真を見る


 ラストシーンは湯船から光が乱反射し、そのお湯を松本がすくう幻想的な場面が描かれている。演出の指示を問われた松本は「(監督は)抽象的な表現をされる。『お湯を慈しむように』と。やってみますと言いました」と笑顔で明かす。「このときはファンタジーの夢の世界で、お湯を出す瞬間に現実に戻る」とイメージを語っていた。

 また、女優業で工夫していることを問われると「次の役によって変わる。毎回、試行錯誤。何が正しいのかわからないので『コレ、やめてみよう』とかですね」と返答。本作に関しては「逆に何もしなかったですね」とにっこり。「お酒とか、何かを制限することで、お芝居のときに出せるんじゃないかと思ったりする。このときは自分に圧をかけないでいようと思った。まんまです」とナチュラルな松本が出ているという。

 主題歌を歌うカネコアヤノも登場。松本と初対面だったカネコは「かわいい…」と声が漏れた。また、主題歌も生披露。涙を瞳に貯めながら聞き終えた松本は「すばらしかった。泣きそうで…。最高でした」と感極まっていた。

 同映画は、メガホンをとった中川龍太郎監督が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語るように、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描く。

 イベントには中川監督も参加した。

関連写真

  • 主題歌生鑑賞で感激した松本穂香 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『わたしは光をにぎっている』トークイベントin 銭湯に参加した(左から)カネコアヤノ、松本穂香、中川龍太郎監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『わたしは光をにぎっている』トークイベントin 銭湯に参加した(左から)カネコアヤノ、松本穂香、中川龍太郎監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『わたしは光をにぎっている』トークイベントin 銭湯に参加した(左から)カネコアヤノ、松本穂香、中川龍太郎監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『わたしは光をにぎっている』トークイベントin 銭湯に参加したカネコアヤノ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索