ドラマ&映画 カテゴリ

【いだてん】杉咲花、成長したシマちゃんの娘りく役で再登場

 NHKで放送中の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は15日、第35回「民族の祭典」が放送され、関東大震災で行方不明になっていたシマを演じていた杉咲花が再登場した。今回、演じたのは、シマと増野の娘で、ハリマヤ製作所でお針子をしている、りく。杉咲は「夢のようでした。大好きな『いだてん』の現場にまだまだいられる!という喜びが一番大きかったです」とコメントを寄せている。

 1936(昭和11)年夏。ベルリンで4年後の次回大会の開催地を決めるIOC総会が始まり、嘉納治五郎(役所広司)は「日本で平和の祭典を!」と熱く訴え、東京大会が決定する。その直後に開幕したベルリンオリンピックは政権を握るナチスが総力をあげて運営する大規模な大会となり…。日本統治下の朝鮮で生まれた孫基禎選手と南昇龍選手が日本代表として出場し、孫選手がアジア地域出身で初めてマラソンで金メダル、南選手が銅メダルを獲得した模様などが描かれた。

 そんな中、5年ぶりに上京して大塚のハリマヤ製作所に身を寄せた金栗四三(中村勘九郎)は、りくを見て、思わず「シマちゃんが生きていた」と勘違いしてしまったほど。

 四三役の勘九郎との撮影は、「劇中で、シマと四三さんは同志、りくと四三さんはいとこのような関係性なのかなと個人的に思っていました。休憩時も含め、りくとして現場にいさせていただいて、感覚的な距離感としてもよりそういう関係性に変わっていたような気がして、すごくうれしかったです」と、杉咲。

 りくとシマをどう演じ分けたのか、聞くと「最初の方は自分で演じていてもシマみたいになってしまっている気がする…と苦戦することが多かったのですが、演じていくうちに、りくはシマより少し控えめな女の子ということがわかった気がしたので、そこを一番心がけました」と話していた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索