• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • “アナ廃業”TBS小林豊のラジオ中継コーナー、後任決まらず“トライアル制”を採用

“アナ廃業”TBS小林豊のラジオ中継コーナー、後任決まらず“トライアル制”を採用

 先月29日放送のTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜 前9:00)で、TBSの小林豊(53)が7月1日付でアナウンス部から異動することを報告した上で「まさにこれで(アナウンサーとしては)廃業ということ」とあいさつ。これに伴い、同番組がスタートした2015年10月から担当していた、話題となった場所からレポートする自身のコーナー「小林豊のTOKYO潜入大作戦」が最終回となったが、きょう6日の放送で、その後任に関する発表があった。

 「小林豊のTOKYO潜入大作戦」最終回は、今までに何度も番組で訪れたとしまえんから中継。お世話になったとしまえん関係者に最後のあいさつをした小林アナは、スタジオMCの出水麻衣アナへ「頑張ってくださいよ」とエールを送ると、出水アナはこらえきれずに涙を流した。

 エンディングに再び登場した小林アナは、異動先について「7月1日にできる部署なので、会社の方針であまり言えない」と具体的な話は避けたが、アナウンサーとしては「二度とマイクを持つことはないかと思います」と明言。「本音を言うと、二度と喋るかよTBS」と毒舌混じりに本心を漏らしながら、「小林豊、ここまでです。廃業です」という言葉を最後に、30年にわたるアナウンサーとしての仕事を終えた。

 その直後のCM明け、出水アナが交通情報を呼びかけようとすると、号泣してしまい原稿が読めなくなってしまう。それを受けてナイツ・土屋伸之が代理で読もうとするも、土屋も涙をこらえきれず話せなくなり、急きょ塙宣之が交通センターへの呼びかけと天気予報の読み上げを担当した。

 この日の放送で、中継コーナー「ちゃきちゃきリポートTOKYO潜入大作戦」の後任について土屋が「先週まで小林豊さんが担当されていた中継コーナー。実は、次のレポーターが決まってません。今週からはトライアルということで、いろんな方に登場していただきたいと思っています」と発表。初回は入社2年目の小林廣輝アナ(25)が担当することとなったが、中継前には湘南ひらつか七夕まつりの現場から「豊さんがおっしゃっていたように、スタジオにいるナイツの2人、出水さん、リスナーのみなさんの頭に映像が浮かび上がってくるような中継をしたいと思います」とイズムの継承を誓った。

 中継コーナーでは、ナイツと出水アナが愛ある“合いの手”を入れながら、落ち着いたトーンでリポートを行った小林アナ。初々しさも見せながら、取材相手に「七夕の願い事、今5秒あるので、考えてください」と無茶ぶりをするなど、堂々としたリポーターぶりを発揮すると「トライアルということですが、続けたい」と後任候補として意気込んでいた。

オリコントピックス