ドラマ&映画 カテゴリ

深田恭子『ルパンの娘』“泥棒スーツ”お披露目 瀬戸康史は筋トレで10キロ増

 女優・深田恭子が主演する7月スタートのフジテレビ系木曜劇場『ルパンの娘』(毎週木曜 後10:00)のポスタービジュアルが24日、解禁された。深田演じる主人公・三雲華(みくも・はな)の“泥棒スーツ”の全身ビジュアルも公開された。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描いたラブコメディー。原作は2015年8月に発表され、この春にも各書店の文庫売上1位を獲得するなど、ロングセラーとなっている横関大氏の同名小説。深田は、泥棒一家“Lの一族”(Lはルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く三雲華を演じる。

 “Lの一族”には渡部篤郎小沢真珠栗原類どんぐり、麿赤兒、華の恋のお相手には瀬戸康史、そのほか藤岡弘、加藤諒らの出演が決定している。

 ポスターは泥棒スーツを着用してそれぞれのポーズを決めている“Lの一族”とそれを追いかける桜庭和馬(瀬戸)という構図。深田の泥棒スーツ全身ビジュアルでは、隣に立つ瀬戸のガッチリした肉体美も印象的だ。瀬戸は役作りで筋トレを積み重ね、およそ10キロも増量して作品に臨んでいるという。

 深田は泥棒スーツについて「衣装合わせの時にテーブルの上にたくさんビジュアルの資料があって、“これはなんの資料なのかな…?”、“このポーズは一体…?”というのが率直な感想です」と笑いつつ、「衣装を着て初めてポーズをしてみたんですが“意外とできた”とほっとしました。一番難しかったのは、他の皆さんと息を合わせることだなと思いました。撮影してみて、しっかり決まった時は本当によかったです」と振り返っている。

 また、ドラマの主題歌も発表され、サカナクションが歌う「モス」に決定した。サカナクションがフジテレビドラマ主題歌を担当するのは『dinner』(2013年1月クール)以来およそ6年ぶり。同曲は19日にリリースされた6年ぶりのニューアルバム『834.194』に収録されている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 公開された 『ルパンの娘』ポスタービジュアル(C)フジテレビ
  • 『ルパンの娘』に出演する(左から)深田恭子、瀬戸康史(C)フジテレビ
  • 『ルパンの娘』に主演する深田恭子の泥棒スーツ姿(C)フジテレビ
  • 主題歌を担当するサカナクション
  • サカナクション ニューアルバム『834.194』

オリコントピックス

メニューを閉じる