ドラマ&映画 カテゴリ

滝藤賢一、“史上最速の探偵”がSPドラマで復活「台本に忠実に暴れまくりたい」

 俳優の滝藤賢一が昨年7月期に主演した連続ドラマ『探偵が早すぎる』が今冬スペシャルドラマとして木曜ドラマF枠(毎週木曜 後11:59 前・後編)で2週連続放送されることが決定した。同枠ドラマで初の続編となる今作で、ほんのささいな“違和感”を察知し、犯人を先回り、犯人がまだ仕掛けていないトリックを解き明かし、阻止してしまう犯罪防御率100%の“史上最速”早すぎる探偵・千曲川(滝藤)が復活。なお、Hulu、GyaO!でも今冬に新作オリジナルストーリーが配信予定となっている。

 千曲川が命を守る十川一華役の広瀬アリス、千曲川を雇う、一華の家政婦・橋田政子役の水野美紀ら連ドラ版おなじみの3人組は続編決定に大喜び。「決まった瞬間に、うれしすぎて広瀬アリスさん、水野美紀さんに連絡いたしました!」と語る滝藤は「まずはお2人と1日でも早く決起会をしたいと思っております!」と再会の日を心待ちにしていた。

 広瀬も「もううれしいの一言でした。昨年の放送が終わってからすぐ『またやりたい」と言っていたので、一年越しでまた続編が出来て最高です」と歓喜。水野も「楽しみでしかありません。前回からずっと、タッグは組まれたままです。集まって焼肉食べてます。3人集まれば最強です」とノリノリで意気込む。

 今回のスペシャルドラマのテーマは『史上最速の探偵VS史上最強のトリック』。十川一華は遺産5兆円を目当てに再び命を狙われることに。殺害を企てるのは、前作で一華の命を狙った大陀羅一族と並ぶ、巨大グループの会長・東前門 丈一郎(あがりまえじょう じょういちろう)。危険を感じた家政婦・橋田政子(水野)は、事件を未然に防ぐ探偵・千曲川光を呼び戻す…。

 そして東前門が刺客として雇った世界一の奇術師・桝田圭介は、様々なマジックを駆使した華麗なトリックで、一華を殺害しようと試みる。千曲川VS圭介、鬼気迫るスリリングな頂上対決。果たして、千曲川は必殺“トリック返し”を繰り出し、一華の命を守ることができるのか。

 『Hulu』版のテーマは史上最速の探偵VS史上最強の詐欺師集団。“早すぎる探偵”として世間で一躍有名になった千曲川。彼に弟子入りを志願してきたのが、千曲川の大ファンである尾藤タツキ。そんななか、なんと一華の遺産5兆円が消えた。千曲川は弟子の尾藤とともに奪われた遺産を取り戻すために動き始めるが、一華が再び命の危機にさらされることに……千曲川は一華の身を守りながら、5兆円を奪い返すことができるのか。『GYAO!』では、地上波・Huluとも違う、濃すぎる登場人物たちが毎回遊びすぎるチェインストーリーを配信予定となっている。

 撮影を前にシーズン1を改めて見直したという滝藤は「あまりの面白さに、果たして前作を超えられるのか…そして何より私は前回の千曲川のクオリティーを超えることができるのか…不安が怒涛のように襲いかかってきて吐きそうになりました…」とプレッシャーを感じたそう。

 「が、しかし宇田学さんが書かれた台本がめちゃくちゃ面白い!この本を元に広瀬アリスさん、水野美紀さん、そして今回も贅沢過ぎて逆に申し訳ない気持ちになってしまうスペシャルなゲストの方々(ああ!言いたい!誰がゲストか早く言いたい!)と、めちゃくちゃ暑かった昨夏を共に乗り切ったスタッフ(半分以上新しい方々らしいですが…)。強者たちとのセッションを楽しみながら一丸となって作品に挑んでいきたいと思います」とやる気満々の姿勢をみせる。

 さらに「私、滝藤は少なくとも2ページに1回はお遊びを入れてみようという、ただただ自分の首を締めるであろう目標を立ててみました」と果敢にチャレンジ。「広瀬アリスさん、水野美紀さんは、皆様ご存知のように前回同様、自由にのびのびとあますことなく、やりたい放題やられると思われますので、私は台本に忠実に暴れまくりたいという所存です。皆様にお届けできる日が、今から楽しみでなりません」と期待を煽っている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索