ドラマ&映画 カテゴリ

大谷亮平『逃げ恥』以来3年ぶりTBSドラマ 大泉洋の“最強パートナー”

 俳優の大谷亮平が、7月からスタートするTBS系日曜劇場枠『ノーサイド・ゲーム』(毎週日曜 後9:00)に出演することが、わかった。人気作家・池井戸潤氏による原作をもとに、主演の大泉洋が演じる主人公・君嶋隼人が成績不振のラグビーチームの再建に奮闘する物語。大谷は大手自動車メーカー・トキワ自動車ラグビーチーム『アストロズ』の監督・柴門琢磨を演じる。『アストロズ』ゼネラルマネージャーに就任する君嶋の“最強パートナー”となる役どころで、大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(2016)以来3年ぶりの同局連ドラ出演を果たす。

【写真】その他の写真を見る


 中堅サラリーマンの君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に総務部長として左遷。しかもラグビーの経験も知識もないなか、『アストロズ』のゼネラルマネージャーを兼務することに。かつては強豪チームだった『アストロズ』だが、いまは成績不振と巨額の赤字にあえいでいた。GMとして経営戦略的な見地からチームを再建させるという重荷が課せられた君嶋の再起をかけた戦いが始まる…。

 韓国からの“逆輸入俳優”として知られる大谷は「僕が韓国で活動していた時も『日曜劇場で池井戸先生の作品がすごい』と伝わってきていました。サラリーマンの友人からも『日曜劇場のドラマを観ると本当に月曜日の元気が違う!』と言われたこともあります。それくらい影響力があり、社会で戦っている人たちにダイレクトに届くメッセージ性の高い作品を数多く書かれている先生の原作なので、うれしいと同時に、責任感と熱量を持って挑まなければいけないと思っています」と気合を入れ直す。

 また、大泉とは「以前一度ご一緒したことがありますが、いい意味でオンとオフがはっきりされている方だと思います。共演者やスタッフと話しているときは場を盛り上げてくださる気さくで明るい先輩ですが、いざ撮影が始まるとものすごい集中力・瞬発力を発揮され、ものすごいエネルギーを出してくる方だという印象です」と信頼を寄せる。

 柴門は「全ては勝利のためにある」が哲学でとにかく勝ちにこだわる情熱的な男。大学ラグビーの監督を務めチームを優勝に導いた経験があり、アストロズの監督に招聘された。GMである君嶋とは、過去にある因縁があった…。「経営的な視点でチームを見る君嶋とも衝突するでしょうし、『勝つために』これだけを考えて進んでいくからこそ各所でバチバチと火花が散るかもしれません。でも、柴門を演じるからには僕自身も芯に熱い想いを持ってブレずにやっていこうと思います」と強い決意を語った。

 このほか大泉と大谷が率いるアストロズのメンバーにも個性的な出演者が集結。主将の岸和田徹役には、高橋光臣。高橋は学生時代のほとんどラグビーにささげながら大学卒業後は俳優の道を選んだ異色の経歴を持つ。役者として活動する一方、鍛えられた肉体で『スポーツマンNo.1決定戦』で総合2位に輝いた実績も。そんな高橋が演じる岸和田は主将らしく、選手しての自らの活躍よりもチームとしての勝利を優先させる男。チームメイトからの信頼も厚く、君嶋、柴門の右腕となっていく。ほかにもブリリアンコージ、芸人・笠原ゴーフォワードら異色メンバーも決定した。

 このほか、チームメイトには天野義久、廣瀬俊朗、齊藤祐也、田沼広之、鶴ケ崎好昭、北川勇次、仲村慎祐、阿久根潤ら実際のラグビー元日本代表選手たちもレギュラー出演。加えて、社会人チームでプレーしてきた選手たちも参加。彼らはラグビー経験者を中心に厳正なオーディションを行いラグビーと演技の両方が認められて選ばれた屈強な者たちばかりでアストロズとして本物の迫力をドラマに注ぎ込む。

関連写真

  • 日曜劇場『ノーサイドゲーム』に出演する大谷亮平 (C)TBS
  • 日曜劇場『ノーサイドゲーム』に出演する高橋光臣、ブリリアン・コージ、笠原ゴーフォワード(C)TBS
  • 日曜劇場『ノーサイドゲーム』に実際のラグビー元日本代表選手たちもレギュラー出演(C)TBS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索