• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • ノンスタ井上、主演映画は台本読まずに撮入 「森川葵と山谷花純とキスしたい」に観客悲鳴

ノンスタ井上、主演映画は台本読まずに撮入 「森川葵と山谷花純とキスしたい」に観客悲鳴

 お笑いコンビ・NON STYLEが14日、都内で『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇。主演を務める井上裕介は台本を読まずに撮影に入ったことを明かし、観客を驚かせた。

【写真】その他の写真を見る


 本作は石田明が脚本を務め、井上が主演を務めるミステリーのようなコメディー。井上は死体役で全編にわたって死んでいる。「新進気鋭の脚本家の石田です」と自己紹介すると井上は「ダサい」とバッサリ。斬新な服装をしている理由について「必死に脚本家と思われたくて迷った結果、こんな感じになりました」と照れると井上が「その感じの服装、及川光博さんしか着られへん」とツッコんで笑わせた。

 石田は「どうすれば井上をしゃべらせずに行けるかが1番、難しかった。その結果、オープニングから死んでいる。その結果、雑味も多くなっている」と台本のこだわりを明かした。そのため、井上は「この映画をやるときに死んでればお金がもらえると言われた。台本をちゃんと見てない。せりふもないと思ってたので。現場で『しゃべるとこあるやん』ってなった」と台本を読まずに撮影に臨んだことを明かした。

 また、森川葵山谷花純といった気鋭の若手女優も出演している。あいさつの際、森川に井上がマイクを渡そうとしたが、複数回にわたって逆側にいた石田から受け取っていた。それが気になっていた井上は「毎回、俺から受け取らへんよね」とボヤキ。5月の完成披露でも同様の事態が起きていたそう。改めてマイクを渡そうとしたが、森川は「大丈夫」と拒否。井上は「なんでやねん!」と全力でツッコミを入れていた。

 そして森川は難役だったそうで「私は台本をキチンと読んで、キチンと覚えてから現場に行きました」と井上をチラリ。山谷も「みんな、台本読み込んで、せりふも覚えて来ましたね」と井上をイジった。石田が「井上は台本を読まんでもできる天才やから」と重ねると、井上は「あぁ、天才ですよ!」と否定せずに受け入れて、笑わせた。

 井上いわく「AVを越えた濡れ場がある」と豪語。ただ、そのお相手は森川と山谷ではないそう。井上は「心の中で森川葵と山谷花純とキスしたいなぁと思いながら演技していた」と心の声を丸出しにして、観客から悲鳴が上がっていた。

 舞台あいさつには黒羽麻瑠央、村田秀亮とろサーモン)、豊島圭介監督も参加した。

関連写真

  • (左から)村田秀亮、山谷花純、黒羽麻瑠央、井上裕介、森川葵、石井明、豊島圭介監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した井上裕介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した村田秀亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した森川葵 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した石井明 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した黒羽麻瑠央 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した井上裕介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した山谷花純 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した山谷花純 (C)ORICON NewS inc.
  • 『耳を腐らせるほどの愛』の公開初日舞台あいさつに登壇した井上裕介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス