• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 『べしゃり暮らし』駿河太郎&尾上寛之、漫才コンビ「デジタルきんぎょ」に決定

『べしゃり暮らし』駿河太郎&尾上寛之、漫才コンビ「デジタルきんぎょ」に決定

 7月期のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』(毎週土曜 後11:15〜深0:05)で、森田まさのり氏の原作漫画でも特に人気を集めるキャラクター、プロ漫才コンビ「デジタルきんぎょ」の配役が発表。通称“デジきん”コンビのボケを担当する金本浩史(かねもと・こうじ)を駿河太郎、ツッコミを担当する藤川則夫(ふじかわ・のりお)を尾上寛之が演じる。

 同ドラマは、人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と葛藤を描いた青春ストーリー。

 「デジタルきんぎょ」は、実力、人気ともに若手トップクラスで、主人公・圭右や辻本にも大きな影響を与える非常に重要な登場人物。仕事ではコンビを組みながら、プライベートでは確執を抱えるという複雑な関係でもある。

 ボケの金本を演じる駿河は、俳優として30歳でデビュー。これまでの約10年間のキャリアにおいて100以上もの作品に出演し、要となる役を任され精力的な活動を続けてきた。ツッコミの藤川を演じる尾上は、森田氏原作のドラマ『ROOKIES』(TBS)で個性的な髪形が印象に残る今岡役を務め、直近では5夜連続ドラマスペシャル山崎豊子『白い巨塔』への出演が記憶に新しい。そんな2人と、演出を担当する劇団ひとりが作り上げる漫才シーンに期待が高まる。

 駿河は「デジタルきんぎょの金本は、物語の中でかなり重要な人物なので、えらい役が回ってきたと責任も感じました。金本は、愛のある人です。でも第一印象が恐いので、僕なりに恐いイメージを作って行ったんです。そうしたら演出を担当する劇団ひとりさんに恐すぎると言われてしまいました(笑)。僕は元々“格闘家顔”なので見た目は恐いですが、性格は原作よりもう少し柔らかくなっていると思います」とコメント。

 若手でも抜きんでているコンビという説得力を出すため、「落ち着きや佇まいに関して劇団ひとりさんもかなり気を配られていました。尾上さんと2人でとにかく練習をしました。それでも自分で漫才をやるのは慣れません。脇汗がヤバイです」と明かす。

 一方の尾上は「以前に森田先生原作のドラマ『ROOKIES』に出演させていただいたんですが、まさかまた森田先生の映像化作品でお声をかけていただけるとは思っていませんでした。この喜びは本当に大きいです」と感慨深げ。「原作の藤川は芸人としての道を切り開くために、体重を20キロ増やすんです。だから僕も太りたくて、オファーを受けてからひたすら食べ、短い期間でしたが、なんとか増量して、少しでも近づけるようにしました」と役作りを明かす。

 さらに、「このドラマは、登場人物みんなが成長していく物語です。それぞれの人間関係を、劇団ひとりさんがしっかり演出されているので、細かい感情の動きなども楽しみにして欲しいです。僕たちに関しては、自分たちでも楽しみながらやっている漫才に、ぜひとも注目していただきたいです!」とアピールしていた。

オリコントピックス