ドラマ&映画 カテゴリ

尾野真千子、希代の悪女を「面白がって」 『怪談牡丹燈籠』ドラマ化

 女優の尾野真千子主演で、傑作怪談「牡丹燈籠(ぼたんどうろう)」を新たな視点で完全映像化する『令和元年版 怪談牡丹燈籠』がNHK・BSプレミアムで放送される(10月6日スタート、毎週日曜 後10:00(全4話※第1話のみ79分 、第2〜4話は各49分)。

【写真】その他の写真を見る


 恋焦がれて死んだ美貌の娘の幽霊が、カラン、コロンと下駄の音を響かせ、夜ごと愛しい男を訪ねる、という幻想的なシーンが有名な怪談話「お露・新三郎」は、初代三遊亭圓朝(さんゆうていえんちょう)による長編落語のほんの一部。原作は、お露(つゆ)の父・平左衛門とその忠臣・孝助、お家乗っ取りを企(たくら)む希代の悪女・お国(くに)と、その間男(まおとこ)・宮辺源次郎、強欲な町人夫婦・伴蔵とお峰ら、男女の色と欲が生々しく交錯し、ドロドロの人間関係、20年にもわたる壮大な敵討ち、因果応報、最後には「幽霊より人間が怖い」と感じさせる愛憎劇だ。新たな視点と演出で、今回初めて完全映像化される。

 お国役で主演する尾野は「今回の脚本ではお国がいまだかつてなく深く描かれており、今まで幽霊の出てくるファンタジーと思われてきた物語に濃厚な人間味が出ていてワクワクしました。お国は欲望に抗えない性格の悪い女ですが、その存在はとても生々しく現代的で、女として気持ちがわかる部分もあります。面白がって演じようと思っています」と意気込みを寄せた。

 源次郎役には、柄本佑。「歌舞伎などでは、情けない男として描かれる源次郎役が本作品では一筋縄ではいかない悪人キャラとして丁寧に描かれていて、皆が知っている『牡丹燈籠』とはかなり違った新しい『牡丹燈籠』」になっています。源次郎役はいわゆる『色悪』。型があるようでないので、昔の長谷川一夫や市川雷蔵の時代劇を見直して研究中です!」と話している。

 萩原新三郎役に中村七之助、お露(つゆ)役に上白石萌音、飯島平左衛門(いいじま・へいざえもん)役に高嶋政宏。ほかに、若葉竜也谷原章介戸田菜穂石橋菜津美犬山イヌコ中原丈雄笹野高史伊武雅刀段田安則などが出演。語りは、講談師の神田松之丞

 放送批評懇談会によるギャラクシー賞3月度月間賞に選出された、最新機材で時代劇を撮る舞台裏をドラマチックに描いた『スローな武士にしてくれ』(BSプレミアム・3月23日放送)を手がけた源孝志氏が脚本・演出を担当。ワイヤーアクションや特殊メイク、チャンバラもふんだんに投入。和製ホラーの決定版を目指している。

関連写真

  • NHK・BSプレミアムで放送予定のドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』(10月6日スタート)希代の悪女・お国役で主演する尾野真千子
  • お国の間男・宮辺源次郎役の柄本佑(C)三橋優美子
  • お露が恋焦がれる相手、萩原新三郎役の中村七之助=NHK・BSプレミアムで放送予定のドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』(10月6日スタート)
  • お露役の上白石萌音=NHK・BSプレミアムで放送予定のドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』(10月6日スタート)
  • お国を妾にする飯島平左衛門(いいじま・へいざえもん)役に高嶋政宏(C)Ryo Namba(smooth.inc)=NHK・BSプレミアムで放送予定のドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』(10月6日スタート)

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索