• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • ANZEN漫才・みやぞん『イッテQ』ロケ中に左足首骨折 全治2ヶ月の見込み「今まで通り前向きに」

ANZEN漫才・みやぞん『イッテQ』ロケ中に左足首骨折 全治2ヶ月の見込み「今まで通り前向きに」

 お笑いコンビ・ANZEN漫才みやぞん(34)が、24日午後5時30分ごろ日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)のインドでのロケ中、左足首を骨折するけがを負ったことが28日、わかった。同局が発表した。全治2ヶ月の見込み。みやぞんは「お医者さんと相談しながら、無理せず仕事は引き続きやっていこうと思います。これからも応援よろしくお願いします! 今まで通り前向きに、やるぞ〜やるぞ〜やるぞ〜!」とメッセージしている。

 書面では「現地時間5月24日午後5時30分ごろ、『世界の果てまでイッテQ!』のインドでのロケ中に、みやぞん(ANZEN漫才)さんが、けがをしました。 走って木の板を踏んでジャンプし、火の輪をくぐる挑戦をした際に、着地で左足首をひねってしまった事によるものです」と説明。

 「ただちにロケを中止し、現地インドの病院にて応急処置を受けました。日本へ帰国した5月27日、改めて病院で診察を受けたところ、左足首の左距骨(きょこつ)の関節面から7ミリ程度の骨がかけており、骨折と診断されました」とし「痛みがひくまで12週間程度、現時点では約2ヶ月の治療期間を要する見込みです」と記した。

 同局は「今回けがをされた、みやぞんさんをはじめ、関係者の方々、ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます」と謝罪し「みやぞんさんの今後の仕事に関しましては、医師と相談しながら、けがをした足に負担のかからない形で、続けていかれると聞いています」と伝えた。

 続けて「現地の方の指導の下、本来は土の上に着地しているパフォーマンスを、マットを敷くなど安全に配慮してロケを行っておりましたが、このような事態となったことを重ねてお詫び申し上げます」と重ねて謝罪し「今後は番組制作において、より一層 安全対策に万全期してまいります」とした。

 みやぞんも「ちょっとネタバレになっちゃいますが、今回のチャレンジ、実は成功していたんです! 見事、火の輪をくぐり、成功したと思ったのも束の間、着地と同時に足に痛みがあり、折れちゃったみたいですね…カルシウムが足りてなかったのかもしれません。ご心配をおかけして申し訳ございません」とコメントしている。

オリコントピックス