アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • 6人目のリュウソウジャーに兵頭功海 婚活に励む斬新なキャラ

6人目のリュウソウジャーに兵頭功海 婚活に励む斬新なキャラ

 テレビ朝日系で放送中のスーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(毎週日曜 前9:30)に6人目の戦士が加入することが明らかになった。戦闘スキルが高く、イケメン…なのに、モテなくて婚活中という斬新なキャラクターの「リュウソウゴールド/カナロ」を演じるのは、俳優の兵頭功海(ひょうどう・かつみ)。「令和時代になって出てくる一発目のヒーローが僕なので、本当に光栄なことだと思います。僕にとってもとても特別な『リュウソウジャー』という作品で、歴代のヒーローの皆さんに負けないようなヒーローになりたいと思います」と誓った。

【写真】その他の写真を見る


 凶悪な「ドルイドン」から地球を守るため、相棒の騎士竜とともに、戦い続けている『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。リュウソウレッド/コウ(一ノ瀬颯)、リュウソウブルー/メルト(綱啓永)、リュウソウピンク/アスナ(尾碕真花)、リュウソウグリーン/トワ(小原唯和)、リュウソウブラック/バンバ(岸田タツヤ)の5人に、6月23日放送の第14話からリュウソウゴールド/カナロが加わる。

 ゴールドにブルーをあしらったクールなビジュアルが特徴的なリュウソウゴールドは、ほかのリュウソウジャーとは異なるアイテム「モサチェンジャー」という専用銃にゴールドリュウソウルを装填して変身する。登場の段階から「ビリビリソウル」という雷の属性をもつリュウソウルを使いこなすなど、非常に戦闘スキルが高いのもポイント。チェーンソーのようなギミックをもつ短剣「モサブレード」と「モサチェンジャー」を合体させた「モサブレイカー」で放つ、超強力な必殺技にも注目だ。

 さらに、これまでに登場しているリュウソウジャーとは出自が異なり、6500年前にドルイドンが宇宙に逃亡して以降、リュウソウ族同士での争いを嫌い、静かな暮らしを求めて海底で生活していた海のリュウソウ族の末裔。現存している海のリュウソウ族がかなり少数であることから、一族の繁栄のため、陸上で婚活にいそしんでいる…という、これまでにない斬新なキャラクターとなっている。

 イケメンでキザなせりふが似合い、妹思いでまっすぐな性格…と、高スペック男子にも関わらず、超節約家で小言が多いガンコ者…という性格が災いしてか、モテないというのが実情…。そんなニューヒーローが新時代に新風を吹き込む。

 新キャストの兵頭は、1998年生まれ。『NEW CINEMA PROJECT』オーディションの出演者部門でグランプリを受賞し、7月公開予定の映画『五億円のじんせい』に出演する権利を獲得。その後、AbemaTVの人気企画『恋愛ドラマな恋がしたい2』に抜てきされ注目を集めた。身長185センチのスラリとした体型を生かして、俳優業だけでなくモデルとしても活躍中。兵頭のQ&Aは次のとおり。

■「かっこ良いヒーローに絶対になることを約束します!」

―― 出演が決まったときの気持ちは?

【兵頭】喜びの前に驚きでした。オーディションでは手応えを感じないないまま最終審査まで進んでいた上に、最終審査ではせりふを噛んでしまって…。正直自信がなかったので、後日合格のご連絡を頂いた瞬間は、びっくりして一気にアドレナリンが出ました!その日は一睡もできなかったのを覚えてます。今はその驚きの分、出演できる喜びを毎日噛み締めています。

―― 『スーパー戦隊シリーズ』に対する思いを教えてください。

【兵頭】僕にとってのスーパー戦隊っていえば『侍戦隊シンケンジャー』(2009年2月〜10年2月放送)です。今でもよく覚えています。出演が決まってから過去の作品をいろいろと見返したのですが、やっぱり『シンケンジャー』を見たときが一番「あぁ! これこれ!」って懐かしい気持ちになったんですよね。

 祖母の家に、子どもの頃にヒーローショーでヒーローと撮ってもらった写真が今でも飾ってあって、子どもの頃は当たり前のように自分の中にヒーローが存在していたから、今回『リュウソウジャー』に出演が決まってそれを思いだしたら…ずっと見ていたスーパー戦隊に自分がなれることの光栄さに改めて気付きました。特に『リュウソウジャー』は歴史ある戦隊シリーズの中でも平成と令和をまたぐ作品だし、僕が演じるカナロは令和時代になってから登場する最初のヒーローなんですよ! そんな記念すべき役をいただいたからには、視聴者のみなさんの印象に残るヒーローになりたいと強く思ってます。

―― カナロは婚活中という珍しいキャラですが、演じるうえで意識していることは?

【兵頭】自分が子どもの頃にスーパー戦隊シリーズを見て感じていたように、リュウソウジャーを見てくれるたくさんの子どもたちに「かっこいい」って思ってもらうことが一番大事だと思っています。だからとにかくかっこよく演じてたいって思います。

 台本をいただいて役と向き合うまでは、カナロがなぜ婚活しているのかよくわからなかったんですけど(笑)、撮影が始まった今はわかります! カナロって、ひたむきで真っ直ぐなんですよ。だから“子孫繁栄のため”という目的に一直線に婚活もするんです。そういうカナロの真っ直ぐさなひたむきさをきちんと表現していきたいと思っています。あとカナロは海から来た王子だと僕は思っているので、かっこよさを大切に演じたいです。

―― ほかのメンバーの印象を教えてください。

【兵頭】僕はあまり人見知りしないんですけど、撮影当初から一緒で仲の良い5人の間に入っていけるのか正直心配でした。ただ僕のクランクインが地方でのロケで泊まりだったので、みんなで大浴場でお風呂に入ったり、(一ノ瀬)颯の部屋に集まってダンスの練習をしたりと、今振り返ってみると自然にスーッと輪に入れていた気がします。それは本当にメンバーのみんなが優しく僕を迎え入れてくれたからだと思います。

―― リュウソウゴールド/カナロのビジュアルを見た感想は?

【兵頭】髪型から服から全部タイプです! 普通に一目惚れしました(笑)。初めてビジュアルを見た時、その衣装合わせの場所にスタッフさんがものすごくたくさんいらっしゃって「こんなにたくさんのスタッフさんの思いが詰まっているキャラクターなんだ!」って感動しましたし、同時に改めて責任感をしっかりもたなきゃいけないなって実感しました。かっこいい衣装に負けないように僕自身がこれから頑張らなきゃいけないなって思っています!

―― 視聴者の皆さまへのメッセージ。

【兵頭】兵頭功海として『リュウソウジャー』は大きな挑戦になる特別な作品です。子どもの頃、僕がワクワクしながら見ていたヒーローたちにも負けないくらいかっこ良いヒーローに絶対になることを約束します!

 たくさんの視聴者のみなさまに「カナロかっこいい」ってカナロを愛してもらえるように全力で頑張っていきますので、カナロをよろしくお願いします!あと、これからも「リュウソウジャー」のみんなが全力で頑張っている姿に注目して見ていただけるとうれしいです!

関連写真

  • スーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』待望の追加戦士「リュウソウゴールド/カナロ」兵頭功海(ひょうどう・かつみ)が決定(C)2019テレビ朝日・東映AG・東映
  • 身長185センチのスラリとした体型を生かして、俳優業だけでなくモデルとしても活躍中(C)2019テレビ朝日・東映AG・東映
  • スーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』待望の追加戦士「リュウソウゴールド/カナロ」兵頭功海(ひょうどう・かつみ)が決定(C)2019テレビ朝日・東映AG・東映
  • スーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』待望の追加戦士「リュウソウゴールド/カナロ」兵頭功海(ひょうどう・かつみ)が決定(C)2019テレビ朝日・東映AG・東映
  • スーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(左から)リュウソウブルー/メルト(綱啓永)、リュウソウピンク/アスナ(尾碕真花)、リュウソウレッド/コウ(一ノ瀬颯)、リュウソウグリーン/トワ(小原唯和)、リュウソウブラック/バンバ(岸田タツヤ)、龍井尚久(吹越満)(C)2019テレビ朝日・東映AG・東映
  • スーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(C)2019テレビ朝日・東映AG・東映

オリコントピックス