アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • きゃりー、主題歌ドラマの撮影現場を訪問 主演・内田理央が感激

きゃりー、主題歌ドラマの撮影現場を訪問 主演・内田理央が感激

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、現在放送中の読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト 木曜ドラマF『向かいのバズる家族』(毎週木曜 深11:59)の撮影現場を訪問。主題歌「きみがいいねくれたら」を担当するきゃりーの突然の登場に主演の内田理央も感激した。

【写真】その他の写真を見る


 3月に行われた雑誌の対談&コラボグラビア企画で初めて共演し、意気投合した2人。「毎週(ドラマを)楽しみに見てます! 撮影頑張ってください!」ときゃりーが声をかけると、内田は「カラオケのシーンできゃりーちゃんの歌を歌ったんですけど、とてもキーが高くて苦労しました。歌ってホント難しいですね」と打ち明けていた。

 内田演じるカフェ店員のあかりを中心にSNSに翻弄される家族の姿が描かれる同ドラマ。中田ヤスタカによって本作のために書き下ろされた主題歌は、SNSの申し子でもあるきゃりーが「SNSの迷子たち」に送る前向きなメッセージソングとしてドラマの世界を鮮やかに彩っている。

関連写真

  • 木曜ドラマF『向かいのバズる家族』で仲良くいいねポーズを決めるきゃりーぱみゅぱみゅと内田理央 (C)読売テレビ
  • 木曜ドラマF『向かいのバズる家族』主題歌を担当するきゃりーぱみゅぱみゅが現場訪問、感激する内田-(C)読売テレビ

オリコントピックス