アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • マギー『東京喰種』で初映画「撮影現場では、終始緊張していました」

マギー『東京喰種』で初映画「撮影現場では、終始緊張していました」

 俳優・窪田正孝主演の『東京喰種』の実写映画続編『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)の追加キャストとしてモデル・マギーの出演が5日、発表された。今作で銀幕デビューを飾るマギーは、人気モデル・マーガレットを熱演する。

 原作は、昨年7月に『東京喰種 トーキョーグール:re』の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた石田スイ氏の人気コミックス。物語は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京を舞台に、ある事故から半喰種となった金木(カネキ)が、もがき苦しむ中、喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索していく。

 人間でありながら喰種としての能力に目覚めたカネキを窪田、カネキの最大の宿敵である喰種・月山を松田翔太、ヒロインの霧嶋董香(キリシマ トーカ)を山本舞香、西尾錦(ニシオ ニシキ)を白石隼也、永近英良(ナガチカ ヒデヨシ)を小笠原海、笛口雛実(フエグチ ヒナミ)を桜田ひより、亜門鋼太朗(アモン コウタロウ)を鈴木伸之、ウタを坂東巳之助、『あんていく』の店長・芳村を村井國夫、四方蓮示(ヨモ レンジ)を蜿r太郎、どこか妖しい色気が漂う情報通の喰種・イトリを知英が演じる。

 美しいオッドアイが印象的の人気モデル・マーガレットは、美食家(グルメ)と呼ばれる史上亜最悪の喰種・月山習に目をつけられてしまう。原作ファンだというマギーは「オファーを頂いた時は、素直にとてもうれしかったです。元々原作も大好きで、友達もこの作品に関わっていたので、私もその一員になれると思うと感慨深かった」と語る。

 妖艶さも兼ね備えた役どころに「普段のモデルのお仕事と変わらず、身体のラインの見え方や表情の見せ方には注意しました」とこだわりも明かしつつ「撮影現場では、私は終始緊張していましたが、共演者の方々が現場を温めて和ませてくださったので、なじみやすかったです」と、豪華キャスト陣との共演に感謝していた。

オリコントピックス