• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • non-noモデル江野沢愛美、ファンとの交流に笑顔 令和に向けて「また表紙を飾りたい」

non-noモデル江野沢愛美、ファンとの交流に笑顔 令和に向けて「また表紙を飾りたい」

 女性ファッション誌『non-no』専属モデルの江野沢愛美(22)が令和初日となる1日、都内で『江野沢愛美 2019-2020 卓上カレンダー』発売記念イベントを開催。「こんな日にも関わらずたくさんの方が来てくれてうれしい。私はあまり緊張するタイプではないのですが、ファンの方が『こんなに近くで会えるなんてうれしい』と声をかけていただき、私もうれしい」とファンとの交流を楽しんだ。

【写真】その他の写真を見る


 令和が始まる5月スタートのカレンダーで、衣装は頭からつま先まで全て江野沢の私服のコーディネートになっており、本人のお気に入りは表紙と同じ衣装で撮影した9月のカット。「撮影した日が寒かったのですが、ニットで暖かい感じで自然な感じで撮影することができました」と出来栄えに自信を見せた。

 衣装について「ふわふわのチュールのスカートが好きで、今日も着ているのですが、カレンダーの中ではチュールのスカートにMA-1を合わせています」と紹介。「あえて甘いスカートにライダースやロゴTなどメンズのアイテムを取り入れてコーディネートするのが好きで夏にはこんな感じでファンのみんなも真似してくれたらうれしいです」と、モデルらしくポイントを解説した。

 新たな時代の到来に合わせて、「モデルでは令和1年の間にまた『non-no』で表紙飾りたいですし、雑誌もショーもっと頑張りたいです。また新時代ということで映画とかバラエティーなど活躍するフィールドを広げていけたらいいなと思います」とさらなる飛躍を誓った。

関連写真

  • カレンダー発売記念イベントを開催した江野沢愛美
  • カレンダー発売記念イベントを開催した江野沢愛美
  • カレンダー発売記念イベントを開催した江野沢愛美
  • カレンダー発売記念イベントを開催した江野沢愛美

オリコントピックス