ドラマ&映画 カテゴリ

阿部寛、「再会」に歓喜 13年ぶり『結婚できない男』続編、10月期放送

 あの“結婚できない男”が13年ぶりに帰ってくる。カンテレ・フジテレビ系火曜午後9時のドラマ枠で今秋(10月期・スタート日未定)、阿部寛主演の『結婚できない男』の続編が放送されることが明らかになった。2006年7月〜9月にかけて同局系で放送された『結婚できない男』(当時は火曜午後10時)。その続編の制作にあたり、続投が決定した阿部は「随分長い間結婚してなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と、撮影を心待ちにしている。

 偏屈で独善的で皮肉屋…けれど、どこか憎めない40歳の独身、建築家・桑野信介(くわの・しんすけ)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常をリアルに、そしてコミカルに描いた作品。

 “結婚する、しない”ということに対する受け止め方が、今とは随分違っていた2006年当時、“未婚”に対する斬新な捉え方を提示。 “40歳独身男の本音さく裂ドラマ”とも言われ、数多くのメディアで特集が組まれるなど、“結婚できない男”というワードは社会現象にもなった。

 秋に放送される続編では、再び尾崎将也氏が脚本を担当。日本の“今”を切り取りつつ、令和を迎えても“結婚できない男”桑野信介の日常をユーモラスに映しだす。

 舞台は前作から13年後。53歳になった桑野は、以前と同じマンションに一人、暮らしていた。飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、独り身を謳歌(おうか)する日々…。

 恋愛においては、自身の担当医だった早坂夏美と交際まで発展したものの、愛想をつかされてしまい、その後、破局。少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは、再び固く閉ざされ、偏屈さにはより一層磨きがかかっていた。

 しかし、人生100年時代と言われるこのご時世で、将来のことを考えると、ちょっと不安を感じないでもない。そんな中、偶然出会った女性たちとの間で、運命の歯車が突然、動き始める。今度こそ人生のパートナーを見つることができるのか?

 「人嫌いなようで、実は人と関わりたくて仕方ない。人のために役に立ちたいと誰よりも強く思っている。そんな彼が僕は好きです」と、桑野への“愛情”をにじませる阿部。そして「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。世の結婚してない男性を癒すようなドラマにしたいです」と、意気込みを語っていた。

■結婚できない男=桑野信介とは?

 本作の主人公・桑野信介は、腕のいい建築家。建築事務所で代表を務めており、特にキッチンや家族の集まるリビングルームの設計に高い評価を得ている。ルックスもさることながら、収入も人並み以上。女性をひきつける要素をすべて持っているように思えるが、人生で一度も結婚の経験はない。そこには、桑野の独特な性格に原因が…。

 仕事はスピーディーに抜かりなく仕上げるものの、プライドが高くこだわりが強い故に、建築現場の棟梁との衝突は日常茶飯事。時にはクライアントからの要望に対しても「無理だ」「わがままだ」などと文句を言ってしまう。日常生活では、隣人から自宅での食事に誘われても「どうせ残飯処理だろ?」と返してしまうなど、周囲の親切心を度々あだで返す。さらには、頼んでもいないのにうんちくをひけらかしたり、自分と同じレベルの高い知識を持たない人たちに、きつく当たってしまったり…。

 また、料理・掃除・洗濯も得意な桑野は、自分好みに焼いた高級肉に一人舌鼓を打ち、クラシック音楽を一人大音量で聴き、映画鑑賞を一人で楽しみ時間を費やす。多くの人が躊躇(ちゅうちょ)してしまう、“一人焼き肉”や“一人花火”もなんのその。“一人でいることを苦痛に感じない”桑野は、人と群れることなく、一人の毎日を楽しみ、「結婚なんてメリットがない」とさえ思っている。

 偏屈で独善的、そして皮肉屋。そんな桑野の言動は、周囲をいらつかせ、衝突することもしばしば。しかし、不器用なりに一生懸命な彼の言動に、周囲の心は徐々に動かされていく。“いい人”とは言えないけれど、どこか憎めず、時に愛くるしささえ感じてしまう男だ。

関連写真

  • 『結婚できない男』(2006年放送)の13年後を描く続編、10月期にカンテレ・フジテレビ系で放送(C)カンテレ
  • 主演の阿部寛の続投が決定(C)カンテレ
  • 『結婚できない男』(2006年放送)の13年後を描く続編、10月期にカンテレ・フジテレビ系で放送(C)カンテレ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索