• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 生田斗真・吉岡里帆、新元号由来の「万葉集」の平成版 4・17から3週連続放送

生田斗真・吉岡里帆、新元号由来の「万葉集」の平成版 4・17から3週連続放送

 今年の正月1月2日に初放送された、NHK・BSプレミアムの大型シリーズ『平成万葉集』。新元号「令和」の由来となり、がぜん注目を集める日本最古の歌集「万葉集」だが、この番組は、日本各地の美しい映像にのせた平成版の「万葉集」。今月17日からBSプレミアムで3回のシリーズ(水曜 後9:00〜10:29)に放送される。まもなく終わろうとしている平成の31年間、日本人は何に笑い、涙し、怒ってきたのか、歌の風景や歌詠み人を訪ねて、生田斗真吉岡里帆が旅する。

 岡山の山あいの里で、ひとりたくましく生きるおばあちゃん、リストラの波をくぐり抜け定年退職を迎えたサラリーマン、短歌にたのしみを見つけた新宿歌舞伎町のホストたち、認知症の母を案じながら深夜タクシーを走らせる運転手…。天皇皇后から短歌好きなこどもたちまで短歌人口100万の中から選りすぐった「三十一文字の物語」。五七五のリズムでたどる、平成・こころの旅路。短歌って、こんなに深くて自由で面白いものだったのかと発見し、感動できる90分。

 生田は「間もなく新しい時代がやってくるということで寂しいというよりむしろ前向きに楽しみたいという思いです。新しい時代をきっかけに新しいことを始めるなど、日本人ひとりひとりが良いスタートを切れたらいいですね。今回は『ふるさと』編で自分の故郷北海道にも行き、初めて短歌を詠みました。上手くはありませんがお手柔らかに、番組ご覧ください」

 吉岡は「平成が終わることには寂しさと期待と両方の気持ちがあります。今回の『平成万葉集』では、初々しい学生同士の恋の歌や年配夫婦の最後のラブレターのような相聞歌などを朗読していますが、どのパートにも強い思いや愛、時には痛みが歌われ、どれもが世代を超えて心動かされるものです。みなさん、大切な人と大切にご覧ください」と、それぞれコメントを寄せている。

 17日放送の第1回「ふるさと」では、生田が、鉄道が廃線となった夕張へ。吉岡は、福島を離れ東京で暮らす女性の歌に耳を傾ける。24日放送の第2回「女と男」では、ゲイであることを公表し鮮烈な歌を作り続ける男性に生田が会いに行く。吉岡は「短歌甲子園」優勝の女子高生の歌に「ドキッ!」。5月1日放送の第3回「この国に生きる」では、平成が終わり「令和」を迎えた最初の夜。DJスタイルでなつかしいヒット曲にのせ名歌を紹介。生田は東北、吉岡は神戸を訪れる。

オリコントピックス

 を検索