アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『こどもちゃれんじ』“歌のおねえさん”小川真奈らが一日署長

『こどもちゃれんじ』“歌のおねえさん”小川真奈らが一日署長

 『こどもちゃれんじ』(ベネッセ)の“歌のおねえさん”としておなじみの小川真奈が6日、和太鼓ユニット「Queen Beat(クイーンビート)」(山下由奈、小太刀瑞姫)と共に新宿警察署1日署長に就任。新曲の交通安全ソング2曲を初披露した。キャンパスクイーンの安東凛香、川島三和、古市玲奈、望月萌衣も応援に駆けつけた。

 同署では、春の全国交通安運動の期間に、より広く交通安全意識の普及浸透を図ることを目的とした参加体験型のイベント『交通安全。アクション2019新宿』を実施。同イベントは今回が平成最後ということもあり、会場には大勢の来場者でにぎわった。委嘱式では小川とQueen Beat、3人に感謝状と一日署長のたすきを贈呈。来場者から盛大な拍手を受けた小川は「少しでもこのイベントを通して、交通安全の大切さを皆さんに広めていけたらと思っております。本日はよろしくお願いします」とあいさつした。

 その後、小川が「交通安全をテーマにした歌を2曲披露します。歌を通して交通ルールを守ろうと感じていただけるように、大切に歌をお届けしていきたいなと思っております」と会場に呼びかけると、新交通安全ソングの「法定速度で会いにきて」と「Lovely to Drive」2曲を披露。『こどもちゃれんじ』でおなじみの小川の優しい歌声と、和太鼓ユニットQueen Beat(クイーンビート)の迫力あるパフォーマンスに会場は大盛り上がり。キャンパスクイーンもステージに加わり、華を添えた。

 囲み取材では、イベントを終えた小川が「このような交通安全のイベントは初めて参加させていただいたのですが、たくさんの方に足を運んでいただいて。しかも真剣に聞いてくださる方もたくさんいて、うれしく思いました。わたしもこれをきっかけにもっと広めていけたらなと思いました」と充実の表情。山下も「わたしもこうしたイベントは初めてなんですけど、わたしも音楽を通じて交通安全をもっともっと広めていけたらなと思いました」とコメント。さらに小太刀が「こうやって交通安全について見直す機会があるのはいいなと、改めて実感しました」と続け、イベントの意義を語っていた。

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019