ドラマ&映画 カテゴリ

『貞子』本予告映像解禁、数々の恐怖が池田エライザを襲う… 主題歌は女王蜂に決定

 女優・池田エライザが主演する『リング』シリーズの最新作『貞子』(5月24日公開)の主題歌が、ロックバンド・女王蜂の新曲「聖戦」に決まったことが8日、明らかになった。同バンドは「きっと来る〜」でおなじみの「feels like “HEAVEN”」を本作でカバーしており、2曲が収められた本予告映像と、池田の背後から手を差し伸ばす貞子の姿が写った本ビジュアルもあわせて解禁された。

 同シリーズは松嶋菜々子主演でスタートし興行収入20億円を突破。『リング2』(99年)では中谷美紀が主演し、42億円のヒット。3作目の『リング0 バースデイ』(00年)は、仲間由紀恵主演で、映画独自の設定を盛り込んだ。02年海を越えてハリウッド版『ザ・リング』が公開し、現在までに3作品が誕生している。メガホンを取るのは『仄暗い水の底から』(02年)、『L change the WorLd』(08年)などを手がけ、ハリウッド版『ザ・リング2』(05年)以来の同シリーズ復帰となる中田秀夫監督。

 池田が演じるのは、病院で心理カウンセラーとして働く秋川茉優。警察によって保護された少女を担当するようになると、彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始める。さらにWEBマーケティング会社で働く祐介(塚本高史)のすすめでYouTuberになった茉優の弟・和真(清水尋也)は、再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込んでいく。

 本予告は、容赦ない“恐怖”の連続演出が続く。茉優は、動画投稿後に消息を絶ってしまった和真を見つけ出すため、拡散された動画を見ると、そこには白い衣装をまとった女の姿が。「貞子…」とつぶやいたひとことから、呪いが次々と襲いかかる。背後から忍び寄る影、足元から現れる髪の毛、そしてテレビに突如映し出された井戸など、果たして茉優は貞子の呪いから逃れられるのか。女王蜂の楽曲が重なり、さらに恐怖を増大させる映像になっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索