アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ピエール瀧被告出演『麻雀放浪記2020』が封切り 主演・斎藤工が語る意義「映画人の希望になれば」

ピエール瀧被告出演『麻雀放浪記2020』が封切り 主演・斎藤工が語る意義「映画人の希望になれば」

 麻薬取締法違反の罪で起訴され、きのう4日に保釈されたテクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告が出演した映画『麻雀放浪記2020』が5日、封切りを迎えた。同日に都内で行われた初日舞台あいさつには、主演の斎藤工白石和彌監督らが出席。斎藤が「紆余曲折ありましたが、本日を迎えられて心からうれしく思います」とあいさつすると、観客から「公開、おめでとう!」と歓声が飛んだ。

【写真】その他の写真を見る


 イベント直後には、斎藤と白石監督が報道陣の取材に対応。きのう4日に瀧被告が保釈され、斎藤は「ご自身も大きな波紋が広がると想像はできても、いざ目の当たりにして初めて実感してるんじゃないかな」とコメントし「今は本当に猛省していただきたい」と願った。

 賛否があるなか、白石監督、スタッフ陣と話し合い公開を決めた。無事に初日を迎え「ピエールさんが携わっている映画制作者、ドラマ制作者の方。作品ごとに議論は必要ですが、『麻雀放浪記2020』が出した、一つの特殊なケースかもしれないけど、答えが同じ映画人の希望になることを祈っております」と話した。

 また、白石監督は「もう映画監督とピエール瀧という関係で映画を作るのは難しいかもしれない」とした上で「イチ友人として必要であれば、治療や社会復帰の協力をできることがあれば。映画の中で薬物のシーンをただ撮るだけじゃなく、僕も一緒に考えていきたい」と前を向いた。

 原案は、昭和の麻雀ブームの礎を築いた小説家・阿佐田哲也(1929年〜89年)の『麻雀放浪記』。東京オリンピックが中止になった2020年、人口が減少し労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれていた。1945年の戦後からタイムスリップしてきた坊や哲(斎藤)は驚愕の世界を目の当たりにし、思わぬ状況で立ちはだかる“麻雀”で死闘を繰り広げることになる。

 先月20日の会見で白石監督は「ひとりの出演者のために、待ちわびているお客様のために公開しない選択肢を取らない。ほとんどの映画が劇場公開からスタートします。有料で鑑賞の意志を持った人が来るクローズドなもので、テレビドラマやコマーシャルとは違う。賛否両論あると思いますが、劇場公開時にポスターおよびテロップで、ピエール容疑者が出演していることを明示します」と公開に踏み切った理由を説明していた。

 舞台あいさつにはそのほか、姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のもも、ベッキー岡崎体育音尾琢真竹中直人、シークレットゲストの舛添要一氏が出席。この日の劇場は、満席となる盛況ぶりで、瀧被告の“復活”を願う垂れ幕を持参するファンも。垂れ幕には「ピエール瀧さんの回復と再起を応援しています (公社)ギャンブル依存症問題を考える会」と記され、報道陣の写真撮影、記事掲載にも「是非、お願いします」と快く応じていた。

関連写真

  • 「映画人の希望になれば」と公開への意義を語った斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • ピエール瀧被告出演作が封切りで“応援垂れ幕”持参のファンも (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席した(左から)白石和彌監督、岡崎体育、舛添要一氏、ベッキー、斎藤工、もも、竹中直人、音尾琢真 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席した白石和彌監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席した岡崎体育 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席した舛添要一氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席した音尾琢真 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席した竹中直人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席したベッキー (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『麻雀放浪記2020』の初日舞台あいさつに出席したもも (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019