アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 堀ちえみ「また一歩前進」と近況報告 最後の管抜き必要な栄養も「口から取ります」

堀ちえみ「また一歩前進」と近況報告 最後の管抜き必要な栄養も「口から取ります」

 ステージ4の口腔がんで先月22日に手術を受けたタレント・堀ちえみ(52)が14日、自身のブログを更新。「身体に繋がっていた最後の管が、ついに抜けます」と、術後から栄養などを摂るため鼻から胃へとつないでいた管を抜くことを明かすとともに「また一歩前進です」と前向きな思いをつづった。

 「ここのところ寝汗もかかなくなり、朝まで熟睡出来るようになりました。朝までぐっすり眠れるとスッキリしますね」と、近況を報告し「昨日は沢山のコメントを頂きまして、ありがとうございました。皆様からのエールがとても励みになりました。同じ病気を経験された方々のコメントも、心強かったです」と感謝。

 「乗り越えなければならない壁に向かい、一生懸命頑張っている方が、沢山いらっしゃるんだと思いました。自分が悩んで傷ついた事が、本当に小さな事だったと…焦らずゆっくりと一歩ずつ、毎日を過ごしていきたいと思います。命あればこそ、ですよね!」と続けた。

 そして、きのうは「鼻のチューブを抜いて貰うために、頑張って食事の完食を目指しました。術後から鼻にチューブを入れています。チューブは鼻から胃に入っていて、そこから栄養や水分と薬を入れていました」と説明し「今日からは必要な栄養も、水も薬も口から取ります。食事も時間はかかったけど完食。口からきちんと食べられたという事で、いよいよ鼻のチューブが抜けます。身体に繋がっていた最後の管が、ついに抜けます」と、今後は洗顔や顔の手入れもできる喜びをつづった。

 最後は、ホワイトデーということもあり、夫からのスカーフのプレゼントや、パティシエの鎧塚俊彦氏からの「生チョコ」のお返しを紹介しながら「感謝です。今日は素敵な一日になりそうです」と結んだ。

 堀は先月19日にステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)を公表。同22日に行われた手術では頸部リンパ節を取り、舌の6割を切除して再建手術も行うなど、オペは11時間にも及んだ。今月9日のブログでは手術で「がんは全て取りきれた」と伝え病理検査の結果を報告している。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019