アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • やなわらばー、2020年末での解散発表 20周年へ向け「前進し夢をつかむ」

やなわらばー、2020年末での解散発表 20周年へ向け「前進し夢をつかむ」

 沖縄・石垣島出身の女性デュオ「やなわらばー」が、2020年12月31日をもって解散することを13日、発表した。今後、ボーカル&ギターの東里梨生(あいざと・りお、36)は育児を中心とした生活を送りながら自分のペースで表現活動をしていく予定で、ボーカル&三線の石垣優(36)はアーティスト活動を続けていく。

 約3年半ぶりのオリジナルアルバム『うりずんの歌』を発売したこの日、公式サイトを通じて「やなわらばーが2020年12月31日をもちまして解散することになりました。突然の発表となり、申し訳ございません」と2人の決断を伝えた。

 解散に至った経緯もつづっており、16年、東里の妊娠・出産を機に、スタッフとメンバーで今後の活動について話し合うことが何度もあったという。2人はかねてより東京・国際フォーラムでのワンマン公演を大きな目標としており、17年からは今作のアルバム制作も含めて目標をかなえるため話し合ってきたが、「何度も協議を重ねた結果、全員が同じ方向を向いて、同じ時間を過ごしていくことが難しいと判断し、本日のご報告となりました」と説明した。

 その上で「今回の結論は、決して後ろ向きなものではなく前向きな決断です」とし、解散までの2年間について「過去を振り返りながら思い出に浸る2年ではなく、やなわらばーとして更に前進し夢をつかむための2年に」と決意。20年には結成20周年という節目を迎えるが、「スタッフ、メンバー共に『国際フォーラムでのワンマンライブ』を諦めたわけではありません。2人の歌声と『うりずんの歌』を武器に、応援してくださっている皆様と、これから出会う皆様に感謝の気持ちを歌で伝えていきながら、今まで以上に目標に向け精一杯活動していきます」と貪欲に夢を追いかけていく。

 メンバー2人もコメントを発表し、東里は「2人で何度も何度も話し合い、導き出した答えです。お互いのこれから歩む人生を見据えて、この選択に至りました」と報告。「あと約2年、全力で皆さまに恩返しをすべく、そして国際フォーラムでのライブを目指すべく全力で活動させて頂きます。私達のわがままかもしれません。どうか、あと2年、やなわらばーの東里梨生として全力で夢を追わせてくだい。もう少しだけ皆さまと共に歩ませて下さい」と呼びかけた。

 石垣も「リリース日を迎えたい気持ちと、発表をする日を迎えたくない気持ちと…複雑な心境です。それでも、梨生と2人で何度も何ヶ月も…本当にいっぱい話し合って決めました」と胸の内を明かす。

 それでも「音楽性のズレとか、仲悪くなったとか、そんな事では決してないです。だからこそ、解散の発表もこんなに早い段階でさせて頂きました。私たちにとって応援して下さる皆さまは心の支えです。そんな皆さまに話し合いの結果もお伝えして、大きな夢の実現に皆さまと一緒に、少しでも近づきたい!と思いました」と前向きに語っている。

 やなわらばーは、石垣と東里の幼なじみによるユニット。上京後、2003年にテレビ朝日系『The Street Fighters』で紹介されたことから知名度を上げ、同年「青い宝」でデビュー。ドラマ主題歌に抜擢された「拝啓○○さん」、「いちごいちえ」などで知られる。15年1月には東里が結婚し、16年12月に第1子となる男児を出産した。



関連写真

  • 2020年12月31日をもって解散することを発表したやなわらばー
  • やなわらばー アルバム『うりずんの歌』

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019