アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 窪田正孝、本田翼との“再会”で刺激「この人の背中を追っていきたい」

窪田正孝、本田翼との“再会”で刺激「この人の背中を追っていきたい」

 俳優の窪田正孝と女優の本田翼が共演する4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(毎週月曜 後9:00)。放射線技師と放射線科医というこれまでのドラマではなかなか扱われなかった職業を演じ、“平成最後”の月9枠となる同作に臨む2人が心境と意気込みを語った。

 長いテレビドラマの歴史において、主人公としては初めて描かれる『放射線技師』は病の原因を探り、レントゲンやCTで病変を写し出す。そして画像を読影(レントゲンやCT、MRI、超音波、心電図などの検査によって得られた検査画像から診療上の所見を得ること)し、病気を診断する放射線科医だ。

 窪田演じる主人公・五十嵐唯織は、写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医から認められた後に帰国し、本田翼演じる甘春杏が放射線科医として勤務する甘春総合病院で働き始めることに…。幼い頃から杏に恋していたものの離れ離れになっていた唯織は再会を喜ぶものの杏は唯織のことを覚えていないようで…。患者の病、けがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描いていく。

 記念すべき“平成最後”の月9主演にも窪田は「あまり平成最後とかいう感覚はない」と気負いはないそう。「医療ものの経験はあまりないので数々の名作があると思うんですけどその中の一つとなれるように一丸となって頑張っていければ」と姿勢を正す。医療モノにはつきものである「専門用語」の数々には「頭でなく腹で覚える感じでやっていきたい。イメージですけど脳みそではなく腹で覚える感じ。染み込ませたいですね」と覚悟を決める。

 一方、初の女医役にチャレンジする本田は「今までやってきたドラマの内容が参考にはならない作品。自分のなかで突き詰めていかなければいけない」と実際に病院を訪れ女性医師に話を聞いたり、医療現場を見学したりと役作りに生かしているそう。「医者としてどういったことを心がけていくか。自分で見たことない例を見たらどうするか、とか。海外の論文を調べたりそういう常に学ぶことを忘れない姿勢をお聞きしました」と真摯に向き合っている。
 
 窪田いわく唯織は「努力の天才」。放射線技師としての実力を持ちながらも「真っ直ぐすぎて杏のことしか見えてない。一人の女の子のことがすきな純粋無垢さ、真っ直ぐの基盤は変わらずに、医療モノでもあり恋愛モノでもあるので2つ混じり合いながら演じていけたら」と唯織像をイメージ。本田は「視聴者の方からみたら嫌なタイプの子に見えるかもしれませんが自分が病院を継がなければいけない。過去の経験からの責任から周りがみえていない。嫌なやつだけどそんなバックボーンがあるというのを心がけて演じたいです」と展望した。

 実はかつてこの2人はCMで共演した経歴を持つ。今回、劇中の唯織と杏のように“再会”を果たしたが本田は「懐かしいですよね。それ以来共演していなくてそれぶり。でも私、『デスノート』(日本テレビ・2015)とか見ていました。すごく繊細なお芝居をされていて朝ドラも決まってすごいなと。6、7年前に共演して今もまたこうやって一緒にお仕事ができるのはうれしいです」と喜べば、窪田は「なにかおごります(笑)」と思わず照れ隠し。

 本田を当時と同じ“ばっさー”呼びしてその場を和ませた窪田は「変わらないばっさーだったので安心していました。その時からすごく活躍されていて、でも気負わない感じ、ナチュラルに世界観に入っていく感じを改めて感じましたし、この人の背中を追っていきたいとすごく思いました」と思いを寄せる相手を演じる本田から刺激を受けていた。

 



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019