アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 金栗四三のふるさと玉名で日本初の試み マラソン大会でCtoC

金栗四三のふるさと玉名で日本初の試み マラソン大会でCtoC

 NHKで放送中の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の主人公の一人、金栗四三(かなくり・しそう)のふるさとである熊本県玉名市・南関町・和水町では、合わせて5つのマラソン大会が毎年開催されている。玉名市で2月の最終日曜日に開催されている『金栗四三のふるさと玉名 横島町いちごマラソン大会』で今年(2月24日開催)、ある“日本初”の試みが行われた。

【写真】その他の写真を見る


 『いちごマラソン』は、地元の特産品であるイチゴとミニトマトの給付所が人気の市民マラソン大会。全長2キロ〜ハーフマラソンまで全5種目あり、今年はトータルで約6000人が参加した。例年イチゴのかぶりもので参加する人が多いのだが、今年は『いだてん』にちなんだコスプレもちらほら。ドラマで金栗四三を演じる中村勘九郎と、四三の母シエ役の宮崎美子がスターターを務めるサプライズもあり、大会に華を添えた。

 そんな『いちごマラソン』で行われた“日本初”の試みとは、玉名観光協会とNTTドコモ九州支社による「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」の実証実験(以下、実証実験)。

 沿道の観戦者が撮影した写真を競技参加者が安価に購入できるよう、CtoC(個人間取引)のプラットフォーム(場)を提供するというもの。競技参加者は自身の競技時の写真を購入でき、観戦者はカメラやスマートフォンで撮影した写真を販売できる。米国では、すでに1000以上のマラソン大会や自転車競技大会で実施されているという。今回、日本でも米国同様のニーズや、大会の活性化につながる取り組みになるかどうか、日本初となる実証実験が行われたのだ。

 あらかじめ専用サイトで事前登録を済ませた観戦者に、大会当日、沿道から撮影した写真を専用サイトに投稿してもらう。その画像データを機械学習で高速に処理し、ゼッケン番号やユニフォームの色などで競技参加者が自分の写真を検索できるようにした。競技参加者が購入すれば、その写真を投稿した人に販売価格の50%がレベニューシェアとして支払われる。写真の販売価格は1枚目800円、2枚目650円、3枚目以降は500円とした。

 実証実験の結果について、ドコモの担当者は「初めての試みとして取り組ませていただきましたが、予想以上のカメラマンにご参加いただきました。アップロードされた写真は1万2000枚以上となっており、それぞれの方にとって思い出深いシーンの写真を購入いただくことができました。今大会で寄せられたさまざまなご意見や、大会前のカメラマン向け周知、大会後のランナー向け情報提供などを工夫することにより、今後も大会の活性化による地方創生を目指してまいります」と回答。

 玉名市ふるさとセールス課の担当者は「第一段階として『写真を撮ってアップしてランナーに見てもらいたい』という点では、かなりの需要があったのではないかと存じます。日本のいろいろなマラソン大会でこの仕組みが導入されていけば、応援者もランナーもさらに盛り上がれて良いのではないかと思います」と、今後に期待を寄せていた。

 日本人で初めてオリンピックに出場し、日本のランニングシューズの元祖である金栗足袋を開発し、高地トレーニングを他に先駆けて始め、箱根駅伝を創設した金栗四三。競技者として第一線を退いてからは、女子スポーツの発展に力を注ぎ、楽しくゆっくりと走る健康マラソンの普及にも尽力した「日本マラソンの父」と称するにふさわしいパイオニアだ。

 金栗のふるさとでは、『いちごマラソン』のほかに、1949(昭和24)年から始まった『金栗杯玉名ハーフマラソン大会』(玉名市:3月第1日曜※日本陸連登録者のみ)、老若男女誰でも参加できる『関所健康マラソン大会』(南関町:4月29日「昭和の日」)、金栗「四三」にちなみ43キロをチームの仲間たちとリレーでつなぐ『キタクマ金栗四三リレーラン』(和水町:10月上旬)、金栗四三生誕の地を駆け抜ける『金栗四三翁マラソン大会』(和水町:11月第1日曜)がある。



関連写真

  • 2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • TNG(天狗倶楽部)や金栗四三のユニフォーム姿のコスプレも (C)ORICON NewS inc.
  • 「イチゴ」と「タマにゃん(玉名市のマスコットキャラクター)」と「金栗四三」をミックス(C)ORICON NewS inc.
  • 2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • ゴールでは温かい貝汁やおにぎりを提供=2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 白バイではなく郵便配達員が先導するのも特徴。イチゴと同じ赤ですね=2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 小学生コースもある=2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 特産品のイチゴがいっぱい=2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 特産品のイチゴがいっぱい=2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • ランナーが着けていたチップ=2月24日に開催された『第42回金栗四三のふるさと玉名 横島いちごマラソン大会』の模様

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019