アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • なにわ男子、“夢の舞台”に決意「甘えてばかりじゃ意味がない」 新ユニット『Lil かんさい』にも密着

なにわ男子、“夢の舞台”に決意「甘えてばかりじゃ意味がない」 新ユニット『Lil かんさい』にも密着

 エンターテインメントのバックステージを描く新しいフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(毎週金曜 深1:25※関東ローカル)の第5弾『はじめまして、関西ジャニーズJr.です!』では関西ジャニーズJr.を特集中。第2回となる15日の放送では昨年11月、京セラドーム大阪で行われた関ジャニ∞のコンサート内で、自分たちのオリジナル曲『なにわ Lucky Boy!!』を歌った、新ユニット・なにわ男子に密着する。

 関西ジャニーズJr.は、下は小学生から、上は20代まで、総勢50人以上からなる大所帯。昨年秋、関西ジャニーズJr.としては約4年ぶりとなるユニット・なにわ男子が誕生。デビュー前にも関わらず、今週16日午後6時から放送の『MUSIC FAIR』に出演する事が決定するなど、盛り上がりを見せている。

 昨年、大阪松竹座でのクリスマス公演のリハーサルが続くなか、突然彼らに訪れたサプライズ。それは昨年11月中旬、京セラドーム大阪で行われた先輩・関ジャニ∞のコンサートへの出演し、なにわ男子の持ち歌を4万5000人の前で歌えることとなったのだ。センターの西畑大吾は、今回京セラドーム大阪に立つにあたり、関ジャニ∞・大倉忠義から言われたという3つの教訓をカメラの前で語ると同時に、「甘えてばかりじゃ意味がない」と強い思いと決意を語った。

 リハーサルの合間、客席に座りステージを見つめていた最年長の藤原丈一郎は、「実際座ってみないと、お客さんからどういう見え方をしているのか分からない」と話し、この広い会場での見せ方も、先輩・関ジャニから教わったと語る。そして、夢の舞台に立った彼らが見た景色とは。番組では、緊張感伝わる歌唱直前のステージ裏から、歌い終えた直後の安心と興奮が混在する姿までを追う。

 そして番組では、『Lil かんさい(読み方:りとるかんさい)』という中学生5人組の新しいユニットにも密着する。



オリコントピックス