アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【まんぷく】松井玲奈、「撮影の合間に麺をすする練習をしていた」と告白

【まんぷく】松井玲奈、「撮影の合間に麺をすする練習をしていた」と告白

 NHKで放送中の連続テレビ小説『まんぷく』(月〜土 前8:00 ほか)に、ヒロイン・福子(安藤サクラ)の女学校時代からの親友・桑原敏子役で出演中の松井玲奈。敏子といえば、第1回で、福子に初めてラーメンを食べさせた人物でもあるのだが、松井自身は「実は麺をすするのが苦手なので、撮影の合間に麺をすする練習をずっとしていた」という。

 物語は、試行錯誤を続けてきた「即席ラーメン」の完成がいよいよ近づいてきたところ。敏子も試作品を試食する場面があり、「本番で練習の成果を発揮できるように頑張りますので、その成果をご覧ください」。

 敏子は、呉服屋に嫁いだのだが、「ふだんは洋服が多いです。敏子はその時代の最先端のファッションを意識したおしゃれな人という設定で、洋服にも着物にも似合うアシメトリーなショートカットにしています。ファッションや髪型にも注目していただきたいですね」と、アピール。

 今後の見どころとして、「福ちゃんは敏子以外の人と接しているときは、大人びた印象なんです。でも敏子とふたりでしゃべっているときは急にぐっと若くなる感じがするんです。でも実際に友だちと会うときはそうなりますよね。友だちの前では素直になれる。時代が変わって年を重ねても、敏子は、福ちゃんの気持ちに蓋をしていたものを外してあげられる存在でいるというのがすごくうれしかったですし、今後、福ちゃんがいろいろと変化していく中でずっと寄り添っていけるひとりでありたいと思っています」と、話していた。



関連写真

  • 連続テレビ小説『まんぷく』ヒロイン・福子の親友・敏子を演じる松井玲奈(C)NHK
  • 第15週。池田で福子と再会した敏子(松井玲奈)(C)NHK
  • 第16週。家を差し押さえられた福子を心配してやってきた敏子(松井玲奈)(C)NHK

オリコントピックス