アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 伊藤健太郎、思春期は「片っ端から反抗してました」

伊藤健太郎、思春期は「片っ端から反抗してました」

 俳優・伊藤健太郎(21)が6日、神奈川県のKAAT神奈川芸術劇場で行われた『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席。舞台2度目の出演で初主演を果たし、演じるのは思春期の男の子。自身の思春期は「中学生のころは、心より図体が大きくなりました」と振り返り、会場の笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 同舞台は、俳優で同劇場の芸術監督を務める白井晃が演出を担当。『春のめざめ』は伊藤が主演で、ドイツの作家・フランク・ヴェデキントが1891年に書いた戯曲が原作。思春期の少年たちの性への目覚め、生きることへの葛藤、それに対する大人たちの抑圧などが描かれている。『恐るべき子供たち』は女優の南沢奈央(28)が主演。1929年にフランスの小説家・ジョン・コクトーが発表した中編小説を原作にし、思春期の姉と弟を主人公に、大人との対峙や性への道を見つけていく。

 “思春期”がテーマのひとつでもある舞台で「先生たちには片っ端から反抗してました」と話した伊藤。舞台初主演には「すごくうれしかった」と笑顔で「初めて舞台に立たせてもらったときに、舞台の魅力を感じました。直接、お客さんたちに伝わって、スタッフ、キャスト、みんなと作り上げる空間は居心地が良かった」と熱弁した。「台本を最初呼んだときは、正直よくわからなかった」とするも「時代を越えての思春期の人でも、今と通じるものがある。全身全霊で演じたい」と張り切る様子を見せていた。

 南沢は「白井さんの演出作品を何本か観させていただき、細かい色々な工夫があって、いつかご一緒したかった」と白井作品への参加を喜んだ。役では、弟に罵声を浴びせたり、優しくなったりと感情の起伏が激しいが「私が思春期のときは、フラットな感じで感情をあまり出すことはなかった」と振り返り「弟がいるので、自分の中にあるものを活かしていけたら」と舞台への意気込みも語っていた。



関連写真

  • 舞台の魅力を熱弁した伊藤健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した(左から)松岡広大、柾木玲弥、南沢奈央、白井晃、伊藤健太郎、岡本夏美、栗原類 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した白井晃 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した松岡広大 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した南沢奈央 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した柾木玲弥 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した岡本夏美 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した栗原類 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した(左から)伊藤健太郎、岡本夏美、栗原類 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した(左から)柾木玲弥、南沢奈央、白井晃 (C)ORICON NewS inc.
  • 『春のめざめ』『恐るべき子供たち』連続上演製作発表に出席した(左から)白井晃、伊藤健太郎、岡本夏美、栗原類 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス