ドラマ&映画 カテゴリ

井ノ原快彦、初共演・上戸彩と夫婦役 カンテレ60周年特別ドラマに主演

 人気グループ・V6井ノ原快彦が3月26日放送されるカンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』(フジテレビ系全国ネット)に主演することがわかった。戦時中の大阪を舞台に、5人の孤児を養子として引き取って育てた夫婦を描いたオリジナル作品で、井ノ原は主人公・鈴木重三郎を演じる。また、重三郎の妻・鈴木誠子役として、上戸彩が出演。井ノ原と上戸は、ドラマ初共演での夫婦役となる。
 
 井ノ原演じる重三郎は、大学の助教授で植物研究者。感情をあまり表に出さず、口を開けば研究のことばかりという風変わりな重三郎が、孤児を養子として迎え入れたことで一変。悩みながら子供と向き合う顔には次第に笑顔が増えていき、やがてユーモラスな父親へと成長を遂げていく。しかし、時代は太平洋戦争の真っただ中。戦争は次第に鈴木家にも影を落としていく…。はたして、重三郎、そして鈴木家の運命は…?

 井ノ原は上戸について「子どもに対する態度が自然で、頼もしくて優しくて、僕よりもずいぶん年下の方ですが、自分のお母さんみたいに見える時がありました(笑)」と信頼を寄せ、「お芝居も僕が初めは手探りでやっていたときも方向を示してくれるというか、一緒に出ていないシーンでも、セリフでやり取りしないシーンでも、居てくれるだけで、何となく支えられている感じがありましたね。上戸さんと共演できて本当によかったです」と感謝。

 一方、風変わりな重三郎に小気味よくツッコミを入れつつも、温かく支える妻を演じた上戸は「井ノ原さんの性格や人柄も含め、重さんにぴったりだと思いました」と絶賛。「今回ご一緒させて頂き、改めて井ノ原さんの魅力をより深く感じることが出来ました。タイトルのように井ノ原さんの笑顔がすごく印象的で、お芝居も自然体でいられました」と充実の撮影を振り返った。

 劇中では5人もの子どもたちと家族になっていくが「上戸さんや子供たちと一緒に時間を過ごす中で良い空気感が出ればと思いながら撮影に臨みましたが、子供たちが思った以上に積極的にコミュニケーションを取ってきてくれたので助かりましたね」と井ノ原。上戸は「井ノ原さんは子供達とゲーム遊びなどし、私は主に話し相手になっていました。子供達一人ひとりの個性をじっくり見るのがとても楽しかったです。仲良くなるにつれ、私たちに話しかけてくれる言葉も増えていき、たまに『お母さん』と呼んでくれることが凄く嬉しかったです。とにかく癒され、和む現場でした」と満喫していた。

 またその他キャストとして真飛聖飯豊まりえ高田翔坂井真紀白洲迅麻生祐未吉行和子の出演も決定。井ノ原はみどころについて「戦時中を描いたドラマはたくさんあると思いますが、それだけで暗く堅い気持ちになるのではなくて、どの時代でも普遍的な家族の温かさについて、共感できることが随所に散りばめられたドラマです。今は核家族化とか言われていますが、『血の繋がりだけじゃないんだぞ、家族は!』という思いに少しでも触れてもらえたらいいなと思います。ぜひご覧ください」と呼びかけている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索