アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 渋谷が“青一色”に ジャンポケ、ジャルジャルらが年越しイベントに登場

渋谷が“青一色”に ジャンポケ、ジャルジャルらが年越しイベントに登場

 お笑い芸人のジャングルポケットジャルジャル、デニス、EXITら、よしもと所属の人気グループが12月31日、東京・渋谷で行われたカウントダウンイベント『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN2018ー2019』の「インディード ディライト・ブルーステージ」に登壇。詰めかけた観客と共に新年を祝った。

 31日の後11時30分から「インディード ディライト・ブルーステージ」でスタートした同イベント。まずはジャングルポケット、デニス、EXITの3組が登場し、大喜利が行われた。「2018年に懺悔したいことを大声で叫ぶ」というお題では、ジャンポケ・斉藤慎二が「今年はお貸し子を食べすぎて太っちゃごめんなさい」という懺悔で大いに盛り上げた。

 さらに11時45分からはジャングルポケットによるカウントダウンイベントがスタート。本ステージの特徴である“ディライトブルー(喜びの青一色)”による迫力のカウントダウンステージで魅了。三味線、狂言、和太鼓の音色に乗せBMXなどの迫力のパフォーマンスがコラボ。伝統と革新の融合に観客からも惜しみない拍手が。音楽に合わせ会場が一体となって盛り上がりを見せる中、ついにカウントダウンがスタート。ゼロのカウント共にブルーに光る紙吹雪が舞い、高さ5メートルの門松も登場。ステージ全体が青一色に染まった。

 新年が明けてからは、ジャルジャルが登壇し得意のネタを披露。109ステージ前がブルーに染まった華やかなステージを振り返り「喜びの青い輝きに包まれ、新年がスタートしましたね。迫力と勢い、クリエイティブを感じる素晴らしいパフォーマンスでした」と、カウントダウン演出を絶賛していた。さらに、新年からスタートするIndeedの新CMも渋谷にある巨大ビジョン17面をジャックし初お披露。会場を大いに盛り上げていた。



関連写真

  • 12月31日、渋谷109前で行われたカウントダウンイベントにジャルジャルらが登場
  • 新年を迎えた同タイミングでは青い花吹雪が会場全体を覆い幻想的な空間に
  • カウントダウンイベントでネタを披露するジャルジャル

オリコントピックス