ドラマ&映画 カテゴリ

小栗旬、テレ東ドラマ初主演 『二つの祖国』ライバル役にムロツヨシ

 俳優の小栗旬が、テレビ東京のドラマに初主演する。開局55周年特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』(2019年3月30日・31日※予定)で、故・山崎豊子さんの同名小説を、民放で初めて映像化する。小栗は日系二世でロサンゼルス・リトルトーキョーの新聞記者、天羽賢治を演じる。同じく日系二世で賢治の学生時代からの友人でありライバル、アメリカ社会での成功を目指す野心家・チャーリー田宮役をムロツヨシが演じることも決定した。

【写真】その他の写真を見る


 数々の作品で共演を果たしてきた2人が、これまでとは全く違うシリアスで微妙な人間関係を演じる。小栗は「せっかくテレビ東京でチャレンジするわけですから新しい風を起こしたい」。ムロも「皆が持っている喜劇寄りのイメージではないムロツヨシを見せる。笑わない準備を!!」と意気込む。火花を散らすが如くの、バチバチの対立劇に期待が高まる。

 舞台は、1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本。アメリカに生まれ、アメリカ人として育てられた日系二世たち。しかし、日米開戦は彼らに残酷極まりない問いを突きつけた。日本人として生きるのか、アメリカ人として生きるべきか。

 共に日系二世でUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の同級生でありながら、「日本人であること」に正反対の考えを持つ賢治(小栗)とチャーリー(ムロ)。鹿児島出身の両親を持ち日本で教育を受けた賢治は、アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持っていた。一方、幼いころに強盗に父を殺されるなど苦労を重ねてきたチャーリーは、アメリカで成功するため、日本人であることを捨て去ろうとしていた。正反対の生き方をする2人の人生は、歴史の流れに翻ろうされながらも交錯し、時に助け合い、時にぶつかり合ってゆく。その「悲劇の対立」の行く末に待ち受けていたものは…。

 “二つの祖国”の狭間で、戦争という運命に翻ろうされながらも、決してあきらめることなく家族の絆と信じた愛を貫き、自らの祖国を探し求めた日系移民たちの怒とうの人生を、壮大なスケールで描き出す。

 日本人が移民としてアメリカへと海を渡ってから150年が過ぎる節目の2019年。「昭和・平成」という時代が終わろうとする時だからこそ、日系二世の若者たちが自らのアイデンティティを求めて懸命に生き抜いた様を描くことで、私たちの国「日本」を改めて見つめ直す。

関連写真

  • テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』(2019年3月30日・31日※予定)主演の小栗旬とライバル役で出演が決まったムロツヨシ
  • テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』(2019年3月30日・31日※予定)主演の小栗旬。同局のドラマは初主演
  • テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』(2019年3月30日・31日※予定)に出演するムロツヨシ
  • テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャルとして民放で初ドラマ化される山崎豊子・著『二つの祖国』(一)新潮文庫
  • テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャルとして民放で初ドラマ化される山崎豊子・著『二つの祖国』(二)新潮文庫
  • テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャルとして民放で初ドラマ化される山崎豊子・著『二つの祖国』(三)新潮文庫
  • テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャルとして民放で初ドラマ化される山崎豊子・著『二つの祖国』(四)新潮文庫

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索