ドラマ&映画 カテゴリ

蒼井優、描き下ろしマンガを依頼して“自演”

 女優の蒼井優が出演し、10月からテレビ東京・ドラマ25枠(毎週金曜 深0:52)で放送されてきた『このマンガがすごい!』が、21日深夜に最終回(第12回)を迎える。これまで、11人の役者たちの「マンガの実写化に取り組む姿」に迫ってきたドキュメンタリードラマは、蒼井自身がマンガの実写化に挑戦することで収束を迎える。ところが、なかなか自分が実写化したいマンガを決められなかった蒼井…。悩んだ末に、漫画家・大橋裕之氏に描き下ろしの依頼をするだった。

【写真】その他の写真を見る


 自分を主人公とするマンガの実写化に蒼井はどう取り組むのか? 蒼井は「マンガの中のポスターで蒼井優が出たことがあるのですが、こうして主人公としてマンガになるのは初めてです。自分がマンガになるということで、恥ずかしさの方が大きいかなと思いました。もちろん恥ずかしさもありますが、自分の中のこれでよかったのかとか、何かできたのかというもやもやを、大橋裕之先生がマンガを描いてくださったことで、一つ風穴を開けてもらえたように感じます。自分が描かれているからうれしいというよりも、マンガに関わらせてもらえた気がしてうれしいです」とコメント。

 同ドラマの松江哲明監督が手がけた『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』(2016年)にも“梅の男”として出演した大橋氏は「そうそうたる漫画作品が登場した後に自分みたいなものがと思って気が引けたのですが、蒼井さんからのご依頼を無駄にしてはなるまいと全力で取り組みました。いつも通りのおかしな漫画にな
ってしまいましたが、蒼井さんが完璧に演じ切ってくださいました」と話している。

関連写真

  • テレビ東京ドラマ25『このマンガがすごい!』最終回(12月21日放送)より。漫画家・大橋裕之氏に描き下ろしの依頼をする蒼井優(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • テレビ東京ドラマ25『このマンガがすごい!』最終回(12月21日放送)より。漫画家・大橋裕之氏に描き下ろしの依頼をする蒼井優(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • 蒼井優が主人公のマンガを執筆中の大橋裕之氏(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • テレビ東京ドラマ25『このマンガがすごい!』最終回(12月21日放送)より。漫画家・大橋裕之氏に描き下ろしの依頼をする蒼井優(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • テレビ東京ドラマ25『このマンガがすごい!』最終回(12月21日放送)より。漫画家・大橋裕之氏に描き下ろしの依頼をする蒼井優(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • 『このマンガがすごい! 2019』発売中。『このマンガがすごい!』編集部(編)/ 宝島社

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索