アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • 【仮面ライダークウガ】IT革命の最中、11年ぶりにTVシリーズ復活

【仮面ライダークウガ】IT革命の最中、11年ぶりにTVシリーズ復活

 2000年に放送を開始した『仮面ライダークウガ』から始まり、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)まで、20作品が誕生。時代を映し出してきた平成仮面ライダーシリーズとともに平成を振り返る。まずは第1作『仮面ライダークウガ』から、「見ててください、俺の変身!」。

 『仮面ライダークウガ』の放送初回は平成12年(2000年)1月30日(〜01年1月21日)。オダギリジョーが主演した。テレビシリーズとしては『仮面ライダーBLACK RX』以来、11年ぶりの放送。

 古代遺跡で発見された、霊石の宿る装飾具「アークル」を身に着け、超古代の戦士クウガから、その力を受け継いだ主人公の青年・五代雄介が、クウガへと変身し、現代に蘇り人間を狩る古代種族・グロンギに立ち向かっていく物語。現代日本に復活した未確認生命体ことグロンギに警察組織がどう対峙するかも可能なかぎり現実に即して描かれ、長野県警刑事の一条薫(葛山信吾)らがクウガとともに闘った。

 平成12年を振り返ると、西暦2000年ということで、新紙幣「二千円札」が発行。流行語には、前年に「ドコモ」がインターネットにアクセスできる「i-mode」サービスを開始したこともあり、「IT革命」が選ばれている。「au」が発足した年でもあり、「J-PHONE」(現ソフトバンク)からカメラ付き携帯電話(シャープ製)が発売され、「写メール」サービスが大ヒットした。携帯電話は、『仮面ライダークウガ』の劇中にも登場している。

 そのほか、米国EC書籍販売サイト「Amazon」の日本版がオープン。香取慎吾扮する慎吾ママ(フジテレビ『サタ★スマ』)の「おっはー」も流行語に。音楽では、前年にデビューした宇多田ヒカルが席巻。サザンオールスターズの「TSUNAMI」もヒットした。テレビ朝日系ドラマ『相棒』が誕生。ハリウッド映画ではトム・クルーズ主演の『M:I-2』が公開され、その後のシリーズ作品がヒットする流れを作っていく。

■平成仮面ライダー20作品記念公式サイト
https://www.kamen-rider-official.com/



オリコントピックス