アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 鈴木亮平、大河ドラマは「世間から隔絶」 阿部サダヲ&中村勘九郎にたすき繋ぐ

鈴木亮平、大河ドラマは「世間から隔絶」 阿部サダヲ&中村勘九郎にたすき繋ぐ

 俳優の鈴木亮平中村勘九郎阿部サダヲが5日、都内で行われたNHK大河ドラマ主演によるバトンタッチセレモニーに出席した。16日に最終回を迎える『西郷どん』で主人公・西郷隆盛を演じきった鈴木は、来年1月6日スタートの『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にW主演する中村・阿部に“たすき”をつなぎ、「一年以上世間から隔絶された状態になる。世の中のことがわからなくなる」と大河ドラマならではの苦労を語った。

【写真】その他の写真を見る


 撮影当時について「ワールドカップも一試合も観ていないですし、優勝した国も思い出せない。世間から置いていかれたような寂しさがある」と語る鈴木に、勘九郎は「ワールドカップのとき、(大河ドラマ)撮影中だったですけどガンガン観てました…すみません。もう少しストイックにやらないと」と反省。阿部に至っては「僕もガンガン観てたけど優勝した国、忘れちゃった」ととぼけて笑いを誘っていた

 思い出深いセットに久々に足を踏み入れた鈴木は「ついこの間まで、うちのスタジオだった。俺たちのスタジオが…と寂しい気持ちになりました」と様変わりした舞台にしみじみ。『いだてん』主人公の金栗四三が箱根駅伝の創始者でもあることにちなみ、鈴木からマラソンの“たすき”を受け取った勘九郎は「身が引き締まる思いでいっぱいです。来年もしこの場所に来られたら『俺たちの場所だったのに』と悔しがれるような良い現場にしていきたい」と奮起していた。

 『いだてん』は、“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三(勘九郎)と、“日本に初めてオリンピックを呼んだ男”田畑政治(阿部)を主人公とした52年にわたる物語。恒例のゆかりの品交換では鈴木から「さつまあげ」、中村と阿部からは金栗のゆかりの品である「特製マラソン足袋」「スウェーデンお楽しみセット」を贈呈した。



関連写真

  • 阿部サダヲ&中村勘九郎にたすきを繋いだ鈴木亮平(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマならではの苦労を語った鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.
  • 鈴木亮平から「さつまあげ」、阿部サダヲ&中村勘九郎からは「特製マラソン足袋」「スウェーデンお楽しみセット」を贈呈 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)阿部サダヲ、中村勘九郎、鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK大河ドラマ主演によるバトンタッチセレモニーに出席した中村勘九郎 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK大河ドラマ主演によるバトンタッチセレモニーに出席した阿部サダヲ (C)ORICON NewS inc.
  • NHK大河ドラマ主演によるバトンタッチセレモニーに出席した(左から)阿部サダヲ、中村勘九郎、鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス