アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 溝端淳平、土方歳三を猛研究「女性目線で見るとひどい男なんです」

溝端淳平、土方歳三を猛研究「女性目線で見るとひどい男なんです」

 俳優の溝端淳平が30日、都内で行われた映画『輪違屋糸里〜京女たちの幕末〜』(12月15日公開 加島幹也監督)の完成披露舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 「新撰組三部作」と呼ばれる浅田次郎氏の時代小説を実写化した本作は、芹澤鴨の暗殺事件の謎を新選組隊士を愛した女性の視点から描き出していく物語。溝端のほか、松井玲奈佐藤隆太塚本高史らが出演した。

 物語のカギを握る土方歳三役を務めた溝端は「たくさんの名優の方が演じてこられた幕末のスター。台本を読んだり、別作品や史実を調べて土方を自分に埋め込む作業をして、土方愛は強いまま演じました」と熱っぽく振り返りながら「物語は女性目線で描いているので、これまでのイメージとは違う土方像になっている。幕末のスターだけど、女性目線で見るとひどい男なんです」と笑った。

 また、劇中で恋人関係を演じた佐藤(平山五郎)と松井(吉栄)は、大のスニーカーマニアという共通点で意気投合。松井が「すごく明るくて“ベスト・オブ・気さく”。でもお芝居が始まるとカッコいいんです」とべた褒めすると、照れ笑いの佐藤も「僕もすごく楽しかった。吉ちゃんが魅力的で、完成した作品を見ると2人の気持ちの通わせ方が切ない。玲奈ちゃんとご一緒できてよかった」と返していた。



関連写真

  • 溝端淳平 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『輪違屋糸里〜京女たちの幕末〜』完成披露上映会に出席した(左から)塚本高史、溝端淳平、松井玲奈、佐藤隆太、加島幹也監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『輪違屋糸里〜京女たちの幕末〜』完成披露上映会に出席した(左から)塚本高史、溝端淳平、松井玲奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『輪違屋糸里〜京女たちの幕末〜』完成披露上映会に出席した(左から)溝端淳平、松井玲奈 (C)ORICON
  • 映画『輪違屋糸里〜京女たちの幕末〜』完成披露上映会に出席した佐藤隆太、加島幹也監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス