アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 番組制作の裏側がのぞけるドラマ 田辺誠一が“ザッツ・業界人”のプロデューサー役で出演

番組制作の裏側がのぞけるドラマ 田辺誠一が“ザッツ・業界人”のプロデューサー役で出演

 タレント・女優の岡田結実が主演する1月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『私のおじさん〜WATAOJI〜』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)の出演者が追加発表された。

 ようやく就職できた番組制作会社で、超過酷ロケが有名なバラエティー番組に配属されたポンコツ新人AD・一ノ瀬ひかり(岡田)。ある日、目の前に「妖精」を名乗るおじさん(遠藤憲一)が現れる。自分にしか見えないおじさんは、言いたいことも言えない“我慢の毎日”に、自分の代わりに“忖度ゼロ”で言いたい放題本音を毒づいてくれる。そんな新人ADと妖精のおじさんの珍妙なお仕事ライフを描き、番組制作の裏側ものぞけてしまう本作。

 ひかりが配属されたガチンコバラエティ『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』には、城田優演じるディレクター・千葉迅を筆頭に“超”個性的な人たちがぞろぞろ…。面白い番組を作るために妥協を許さないディレクターから、ザッツ・業界人なプロデューサーまで、ありとあらゆる人たちがひかり(とおじさん)を振り回していく。今回、発表されたのは、そんなひかりの“我慢のもと”となる“魑魅魍魎”たちだ。

 番組のプロデューサー・泉雅也役には田辺誠一。イケメンでオシャレでうさんくさめ。裸足に革靴履いちゃう系のなんとなくナルシストという“ザッツ・業界人”。上層部からの命令には速攻で「御意!」と言ってしまうサラリーマン気質な泉P(プロデューサー)を軽快に演じる。「昨日まではAと言っていたのに、今日になったら急にBに!」などという、ハシゴ外しもいとわない泉Pが、ひかりや番組スタッフたちとどんなやり取りを見せるのか。!

 田辺は「台本もとてもリアルなんです。今の若い子を見ていると、すごくバランスがいいというかうまく生きているように感じることがあるんですが、でもそれって本心なの?取り繕っているんじゃない?って思ってしまうこともあるんです。そういうことが上手に物語に絡んでいっているのも面白く感じました。このドラマを見て、仕事って大変だけど楽しいな、やりがいがあるなって思ってもらえたらうれしいですし、今の価値観をもう半歩だけでも進めてもらえるきっかけになれたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 番組のAP(アシスタントプロデューサー)・馬場桃花を演じるのは、青木さやか。いわゆる“コワーイお局”で、コーヒーショップのカップを片手に悠々と午後出社してくるのが基本の、通称「ババア」。自身は「女を捨てて仕事に生きてきた」という自負があるので、スカートやショーパンで仕事に来る若い女ADは片っ端からいびっていく。どこの会社にもひとりは絶対にいる(!?)というような“お局さん”を、ドラマのみならず舞台・ミュージカルにも活動の幅を広げ続けている青木が魅力と凄味たっぷりに演じる。

 番組の万年チーフAD・出渕輝彦を演じるのは小手伸也。その見た目と名字から、あだ名は「デブチーフ」。にもかかわらずなぜかウィスパーボイスで、ひかりにあれやこれや指示を出していく。なお、振られた仕事も次々とADたちにぶん投げて、自分では何もしないという典型的な中間管理職っぷり。近年さまざまな作品で強烈な存在感を放ち、“月9”にも立て続けに2作品出演、7月期の木曜ドラマ『ハゲタカ』ではナレーションを務め、その心地よい“ボイス”がお墨付の小手が、どのように体現するのか、期待が高まる。

 番組のAD・九条隼人役には戸塚純貴。映画『銀魂』や10月期は『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』『今日から俺は!!』ゲストなど、数々のドラマ・映画でインパクトのある役を演じる戸塚が、働き方改革を盾にゆるーく働く、“今どきの若者”を演じる。超SNS依存症かつ、ライフワークバランスを大事にするという名目で、新人AD・ひかりを全く助けてくれない“何を考えているかわからない若手AD”役を、数々のヒット作品でも見せてきた戸塚ならではの飄々とした芝居で演じきる。



オリコントピックス