アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 相葉雅紀『僕とシッポと神楽坂』ラストシーンで感情の制御が効かず「こんなことは初めて」

相葉雅紀『僕とシッポと神楽坂』ラストシーンで感情の制御が効かず「こんなことは初めて」

 相葉雅紀が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』の最終回が30日(後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)に放送される。実は、10月上旬に都内のスタジオでクランクアップしており、その時の模様をリポートする。

 東京・神楽坂を舞台に、そこで動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いてきた本作。最終回では、相葉が演じる“コオ先生”こと達也と広末涼子演じる動物看護師・加瀬トキワ、もどかしかったふたりの関係にも決着がつくことに。

 最終日は、最終話のクライマックスとなる重要なシーンを撮影。相葉も広末も緊張感を高めて現場入りした。撮影が終盤に差し掛かるにつれ、深川栄洋監督からの演出のハードルが上がっていっていた相葉。「監督の演出が上級者コースになっていって悪戦苦闘する毎日」と語るほど、コオ先生という役と真摯(しんし)に向き合う日々もゴール目前だ。

 「コオ先生は“心の中にダムがあるような、すべてのことを受け止めて溜め込んで生きている人”」と役を捉えていたという相葉。しかし、クランクアップ当日の撮影シーンでは、その“心のダム”が決壊してしまったかのように、感情があふれ出してしまうという瞬間が。相葉自身も感情の制御が効かなかったようで、「我慢しなくては」と思っても、それが止められなかった、とその瞬間を振り返り、「何年もドラマや映画をやらせていただいて、こんなことは初めてだった」と語る。

 その芝居を目の当たりにした広末も「最後のシーンの相葉さんがすごく良くて…」と、余韻に浸ってた。

 通常の連続ドラマ撮影のペースとは異なり、変則的なスケジュールでの撮影となった今作。熱い夏をともに走り抜けてくれたスタッフ・キャストに感謝をしつつ、撮影を振り返った相葉は「その日の撮影が終わって、家に帰って台本を読み返しながら、自分の読解力のなさと役の捉えられなさに悔しい思いを抱いたこともありました。でも、“監督は明日はどんな演出をしてくれるんだろう”と楽しみにもしていました。そんな毎日が、なくなってしまうのは寂しい」と話し、コオ先生という役との別れに名残惜しさも感じていることも明かしていた。

■最終話のあらすじ

 トキワ(広末)のもとに、外務省から行方不明だった夫の佑(眞島秀和)と見られる日本人男性が南米で見つかったと連絡が入る。確認の結果、男性は佑本人と断定。神楽坂界隈は、そのニュースで話題が持ちきりになる。

 しかし、喜んだのもつかの間、衝撃の事実が明らかになり、トキワは大きなショックを受ける。心配してくれる達也(相葉)にも、父親との再会を心待ちにする大地(矢村央希)にも、そのことを言い出せず、今後のことを考えて不安になるトキワだったが…?

 一方、達也にも転機が訪れようとしていた。アメリカにある獣医大から、新しく立ち上げるプロジェクトに参加するスタッフを募っていると連絡あり、そこへの参加を打診されたのだ。

 そんな中、「坂の上動物病院」に認知症を患った犬が迷い込んでくる。程なくして飼い主の蔦子がその犬を迎えにやってくるが、どことなく疲れた表情の蔦子を達也は心配。認知症の飼い犬と、寝たきりの母親を世話しなくてはならず疲弊している蔦子に、達也はある提案を…。そしてついに佑が帰国。トキワと大地と7年ぶりの再会を果たす。しかし思いもよらない事態にトキワは、重大な決断を迫られることに…。穏やかだった神楽坂の街に少しずつ変化が訪れようとしていた。達也はどのような決断を下すのか…?



オリコントピックス