アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 千葉雄大&小島瑠璃子、ミステリーハンター初挑戦「まさか本物になれる日が来るとは」

千葉雄大&小島瑠璃子、ミステリーハンター初挑戦「まさか本物になれる日が来るとは」

 俳優の千葉雄大とタレントの小島瑠璃子が、来年1月12日から3週連続で放送されるTBS系『世界ふしぎ発見!1500回シリーズ』(後9:00)でミステリーハンターに初挑戦することがわかった。これまで260人が登場し、数々のクエスチョンを出題してきたミステリーハンター。千葉は、古代エジプトの謎を現地・エジプトを初訪問、人気漫画『キングダム』の大ファンという小島は、主人公、秦の始皇帝の実像を求めて中国の兵馬俑などを訪れる。

【写真】その他の写真を見る


 千葉は、2020年開館予定で準備が進むエジプトの新しい博物館からツタンカーメンに関する新発見、ミイラ製造工場などの遺跡からもリポートする。エジプト出発前に「ミステリーハンターは小さいころから憧れだったので、すごくうれしいです。旅先に行くと観光地などでミステリーハンターごっこをしていたほど。まさか本物になれる日が来るとは思いもしませんでした。緊張もありますが、精一杯やりたいです。訪問先の資料やエジプトに関する書籍を読んだり、エジプト語も少し勉強しました。発掘現場はすごく興味があるのでぜひ拝見したいです。エジプトの今の文化にも触れたいです」とやる気十分だった千葉。実際のピラミッドを見て「ありきたりかもしれませんが。これを人間が作ったんだ。すげぇ!」と興奮しきりだった。

 また、このほか1500回シリーズでは『ノアの箱舟伝説』の謎をひも解きながら、近年、天変地異や異常気象に見舞われている人類が生き残るための知恵を探る。地球生物の「種」を保存するために築かれたノルウェー・スヴァールバル諸島にある世界種子貯蔵庫を日本のテレビ番組として初めて取材。どのような取り組みが進んでいるかを紹介する。

 1986年4月19日にスタートした同番組は『歴史と遊ぶ』をコンセプトに宇宙の誕生から現在まで古今東西のふしぎを紹介してきた。これまで訪れた国と地域はおよそ170ヶ所にのぼる。そして1月19日は放送1500回記念として25分拡大枠となり、前後の1499回(1月12日)と1501回(1月26日)の全3回を『世界ふしぎ発見!1500回シリーズ』として送る。



関連写真

  • 『世界ふしぎ発見!』でミステリーハンターに初挑戦する千葉雄大(上)&小島瑠璃子(C)TBS
  • 『世界ふしぎ発見!』でミステリーハンターに初挑戦する千葉雄大(C)TBS
  • 『世界ふしぎ発見!』でミステリーハンターに初挑戦する小島瑠璃子(C)TBS

オリコントピックス