アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • デヴィ夫人vs古市憲寿 直接対決で火花「身の程知らずの古市氏!」

デヴィ夫人vs古市憲寿 直接対決で火花「身の程知らずの古市氏!」

 タレントのデヴィ夫人と社会学者の古市憲寿氏が11月3日放送の『カンテレ60周年特別番組 胸いっぱいサミット!生激論2時間SP』(正午※関西ローカル)に出演が決定。古市氏がテレビのコメンテーターとして出演した番組で放ったある一言に激怒中のデヴィ夫人。自身のブログでも古市氏を痛烈批判するなどちょっとした騒動になっている最中、渦中の2人が顔を合わせ、ついに直接対決することとなった。

【写真】その他の写真を見る


 事の発端は、テレビのコメンテーターでもある古市氏が、朝の情報番組で、デヴィ夫人主催のチャリティーパーティーに参加した松居一代カイヤ、山根明氏(日本ボクシング連盟前会長)らお騒がせ有名人について「なんらかの問題を起こした人じゃないと参加できないんですか? ひと足早いハロウィーンパーティーじゃないんですね」とコメント。これがデヴィ夫人の逆鱗に触れることに…。

 番組冒頭、「古市さん! 今日はちょっと緊張されているような?」と進行のハイヒール・リンゴから心境を聞かれた古市氏だが「緊張と言うか…今日があってよかったです」と余裕の返答。直接対決に周りの好奇心も相当なもので、2人が収録までに出会わないよう細心の注意を払い、初対面の日を迎えた。はやくもピリついたムードに、パネラーの菊地亜美は「怖いよ〜。ヤダ―この回!」と怯えまくり、東国原英夫は「ゴングが鳴るよ! ゴングが!」とあおるなど異様な雰囲気に。

 名物企画『怒りのクレームサミット』に登場したデヴィ夫人は、さっそく“古市氏へクレームをつけたいこと”として「アナタの発言は許せないわ! この身の程知らずの古市氏!!」と口火を切って2人の激論がスタート。思いのたけを主張するにつれ、デヴィ夫人の怒りのボルテージはさらに上昇。「33歳? 若輩で! 社会学者であるならもっと非難すべきことがあるはず! 素直に謝ってください!」と怒りを爆発させる。

 一方の古市氏は、この収録に参加するにあたり、“ある準備”をしてきたと明かし、「デヴィ夫人をすごいなと思った」と笑顔で歩み寄りを見せる。しかし、なかなか決着とはいかず、事態はさらに悪化。リンゴから「ここは、謝っておきますか?」と助け舟をだされた古市氏だが、「デヴィさんとは…」と、意外な一言で切り返しスタジオに大爆笑を起こす。 はたして、芸能界の大人の喧嘩の行方は。デヴィ夫人の怒りはおさまるのか。



関連写真

  • 11月3日のカンテレ『胸いっぱいサミット!』でデヴィ夫人と古市憲寿が直接対決 (C)カンテレ
  • 11月3日のカンテレ『胸いっぱいサミット!』進行のハイヒール・リンゴ、八木早希(C)カンテレ

オリコントピックス