アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 松尾諭、笑福亭鶴瓶役で『やしきたかじん誕生物語』出演 息子・駿河太郎も太鼓判

松尾諭、笑福亭鶴瓶役で『やしきたかじん誕生物語』出演 息子・駿河太郎も太鼓判

 俳優の松尾諭が、カンテレで制作中のドラマ『カンテレ開局60周年特別ドラマ
なめとんか やしきたかじん誕生物語』(11月20日 後7:00〜8:59※関西ローカル)で、たかじんが京都でクラブミュージシャンをしていた下積み時代に出会い、親交を深めた笑福亭鶴瓶役で出演することが明らかになった。鶴瓶本人からも「思いきってやってください」と松尾にエールが送られたという。

 関西の視聴率男と呼ばれテレビタレントとして大活躍、本業の歌手としても数々の名曲を世に放ち、関西のカリスマとして人気を博したやしきたかじんさん(享年64)。その知られざる長い下積み時代から晩年までを、本人の著書、発言、関係者への取材を基にフィクションとして、駿河太郎主演で描く。劇中のたかじんの名曲のすべてを駿河自ら歌い上げるこのドラマは、平成30年度文化庁芸術祭参加も決定している。

 このドラマに登場する鶴瓶は京都の大学を出て落語家になり、京都のラジオ局で番組を持つなど頭角を現し始めていた20代前半から描かれる。京都のクラブで弾き語りをしていたたかじんと意気投合し、祇園で朝まで飲み歩きながら、ともに芸能界での活躍を夢見るよき友、よきライバル。

 たかじん役の駿河の父である鶴瓶を演じるにあたり、松尾は「息子さんの前で親父をやらなあかんというやりにくさはありますけどね」と言うが、駿河は「よう似てるなって感じでしたけどね。僕はちっちゃかったので、あの頃の親父を覚えてはいないんですが、写真のイメージにめちゃくちゃ近かったんで、松尾さんでよかったなって」と松尾の鶴瓶役に太鼓判。過去に1度だけ短時間共演しただけという駿河と松尾は、たかじんと鶴瓶のようにぴったり息の合った演技を見せた。

 以前ドラマで共演したことがある鶴瓶本人からも直接連絡があったという松尾。「どこから耳に入ったのか、鶴瓶さんから連絡があって。『今度僕を演じられるそうで。思い切ってやってください』って。僕も『思い切ってやらせてもらいます』って言いました。以前ドラマで鶴瓶さんとご一緒したとき、鶴瓶さんがちょっとしたミスをしたところを見てたので、そういう感じも真似していいですか? と言うと『じゃかわしいわ』って怒られました(笑)」と鶴瓶からエールを送られたことを語った。
 
 たかじんが思いを寄せる劇団員・高村京子(中村ゆり)の舞台を鶴瓶を誘って見に行くというシーンでは、たかじんと鶴瓶は20代前半の設定。松尾は、「油断したらおっさんになるんですよ。さっきも階段上がるシーンで、あ〜(しんど)みたいな感じやったから、そこだけもうちょっとフレッシュにせなあかんかったなって(笑)」と反省。駿河は、「でも当時親父は太ってたから、そんなに機敏には動かなかったと思うんでダラダラで大丈夫やと思う」とすかさずフォローした。

 撮影後、駿河の提案で松尾が駿河をおんぶする写真を撮った。「ふたり(たかじんと鶴瓶)が若くて、仲良くおんぶしている写真を見せてもらったのをなんとなく覚えていたので、(同じような構図で)絵に収めといたら面白いかなと思って撮りました。本当にめちゃくちゃ仲良さそうでした」(駿河)。



関連写真

  • 『カンテレ開局60周年特別ドラマ なめとんか やしきたかじん誕生物語』(11月20日放送)やしきたかじん京都時代のよき友、よきライバル笑福亭鶴瓶役に松尾諭が決定(C)カンテレ
  • たかじんと鶴瓶が若くて、仲良くおんぶしている写真を再現(C)カンテレ
  • 若き日のたかじんと鶴瓶階段を上がるシーン(C)カンテレ

オリコントピックス