アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 瀬戸内寂聴、63歳のさんまに結婚のススメ「若いんだから!」

瀬戸内寂聴、63歳のさんまに結婚のススメ「若いんだから!」

 作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏(96)が、あす26日放送のカンテレ・フジテレビ系バラエティー特番『さんまのまんま秋SP』(後7:57〜)に出演。番組史上最高齢での出演に、寂聴氏が「96歳まで現役で仕事をした人はいないのよ」と語ると、明石家さんま(63)も「日本記録を見ているんですね! 僕も96歳まで『さんまのまんま』やってようかな」と記録更新の意気込みを見せる。

【写真】その他の写真を見る


 約4年前、がんの摘出手術を受けた寂聴氏だが「おなかに穴を3つ開けて、ぴゅ〜っと出したのよ」とあっさりと話し、摘出した“がん”を見た際の感想についても「あぁ、焼いたらおいしそうだなと思ったの」とぶっちゃけ。戦争を経験し、女子大に入ってお見合いをしてすぐに結婚するも、夫婦生活は長続きせず、「作家になりたい」という思いで家を飛び出した“波乱万丈”の人生を振り返る中で「この人生で、たったひとつだけ後悔していることがある」と語る。

 さんまから「僕みたいな人間、結婚したほうがいいですか?」との質問を受けると「若いんだから結婚したほうがいい! 結婚式には呼んでね。スピーチしてあげる」とノリノリ。「本当は〇〇が好きなんでしょ?」と意外な女性の名前を出されると、さすがのさんまも「いきなり何言い出すんですか! 好きじゃないですよ!」とタジタジに。うわさの美人秘書・瀬尾まなほ氏も登場し、トークを行っていく。

 さらに、南海キャンディーズも合流し、しずちゃんが「まもなく40歳になるんですが、いい人と出会えない。実はさんまさんは“アリ”なんですが、私とさんまさんの相性はどうですか?」と真剣に恋愛相談。寂聴氏は「好きなら思いっきりぶつかってごらんよ」というアドバイスを送る。

 寂聴氏は収録を終えて「本当に天才ね 。これだけ長く人気を保ち続けられる人はいない」とさんまの才能を絶賛。「きょうは、とってもやさしくしてくれて楽しかった。歳をとって、丸くなったわね」とコメントし、恋愛相談で見せたさんまの“拒否反応”についても「あんなに『好きじゃない!』ってわざわざいうなんて怪しいわよ。本当はやっぱり好きなんじゃない?」と笑顔で語っていた。



関連写真

  • 瀬戸内寂聴、63歳のさんまに結婚のススメ「若いんだから!」(C)カンテレ
  • 26日放送のバラエティー特番『さんまのまんま秋SP』(C)カンテレ
  • 26日放送のバラエティー特番『さんまのまんま秋SP』(C)カンテレ

オリコントピックス