アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 要潤、高橋一生との噛み合わないコンビをアピール「チグハグ加減がいい」

要潤、高橋一生との噛み合わないコンビをアピール「チグハグ加減がいい」

 俳優・要潤が出演する23日放送のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『僕らは奇跡でできている』(毎週火曜 後9:00)第3話を前に要からコメントが到着した。主人公の動物行動学の講師・相河一輝(高橋一生)を一方的にライバル視している准教授の樫野木聡を演じる要だが、第3話では一輝の一言がきっかけで大きな勘違いをしてしまう。

【写真】その他の写真を見る


 生き物のフシギが大好きな大学講師・相河一輝(高橋)が周囲の人々を翻弄しながらも、常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲に緩やかな変化をもたらしていくコミカル・ハートフルドラマ。

 ある動物園のサル山のボスが変わるかもしれないと知った一輝は、抜いたばかりの歯の治療もそっちのけで、足しげく動物園に通う。そんな一輝の変化を察知した樫野木が、その理由を問い詰めると、一輝から返ってきたのは「ボスが変わりそうだ」というまさかの発言。ひそかに教授の座を狙う樫野木は、“ボス交代”の意味を取り違え、勝手に舞い上がってしまう。

 要は「全体的には一輝が引き起こすハプニングの話ですが、樫野木の空回りする感じも見どころです」とアピール。「一輝と樫野木、チグハグな二人が分かり合える日が来るかはわかりませんが、このチグハグ加減がいいのかなと思いますので、ぜひお楽しみください」と“噛み合わない”コンビに自信をみせている。



関連写真

  • 『僕らは奇跡でできている』第3話より要潤と高橋一生 (C)カンテレ
  • 『僕らは奇跡でできている』第3話より要潤(C)カンテレ
  • 『僕らは奇跡でできている』第3話より小林薫、要潤(C)カンテレ

オリコントピックス