アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 阿部サダヲ “背中を押された言葉”は「30歳になったら売れる」

阿部サダヲ “背中を押された言葉”は「30歳になったら売れる」

 俳優の阿部サダヲが13日、都内で行われた映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台あいさつに登壇。同作の内容にちなみ、自分が変わるきっかけとなった“背中を押された言葉”をキャスト陣が発表し、阿部は「中学生の時に同級生の母親に『阿部くんは30歳くらいになったら売れるよ』と言われた」と明かし、その言葉が役者になるきっかけとなったことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 当時、プロ野球選手を目指していたという阿部は「就職していた時もあったんですけど、その言葉がどこかで引っ掛かっていて、役者になって現在の自分があるのかもしれないです」と回想した。

 「役じゃない時は色気がない」と同業の役者から言われたという千葉雄大は「逆を返すと、役の時は色気が出てるんだと思って、自信に変わった」と発言。これに阿部は「色気が出てなきゃこんなに千葉って書いたうちわは、並ばないよ」と千葉の人気ぶりをイジり、会場を沸かせた。

 同作でヒロインを務めた吉岡里帆は「劇中で歌とギターに挑戦していて、半年前から準備していたので、こんなに長い時間をかけた映画は初めてだったので思い入れがとても強いです」と熱い思いを語った。 

 ドラマ『時効警察』シリーズなどの三木聡氏が監督・脚本を務める同作は、驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部)が主人公。4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量を“声帯ドーピング”を使って手に入れたシンと、異様に声が小さいストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)が織りなすパワフルコメディー。

 この日はそのほか、田中哲司ふせえり、三木監督が登壇した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 背中を押された言葉を明かした阿部サダヲ
  • (左から)ふせえり、千葉雄大、阿部サダヲ、吉岡里帆、田中哲司、三木聡監督
  • 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台あいさつに登壇した吉岡里帆
  • 色気があるとポジティブに答える千葉雄大
  • 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台あいさつに登壇したふせえり
  • 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台あいさつに登壇した田中哲司
  • 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台あいさつに登壇した三木聡監督

オリコントピックス