• ホーム
  • 芸能
  • 相葉雅紀、主演ドラマの舞台“東京・神楽坂”を『マナブ』

相葉雅紀、主演ドラマの舞台“東京・神楽坂”を『マナブ』

 人気アイドルグループ・相葉雅紀のレギュラー番組、テレビ朝日系『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00)の7日の放送回は、相葉主演の同局系ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(12日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域除く)ゆかりの東京・神楽坂の魅力を学ぶ。

 新企画「マナブ! 街の達人」と題し、相葉ら『マナブ』メンバーが街の達人に魅力を教えてもらう内容で、今回は、当地におよそ22年住んでいるという峰竜太が出演。相葉、渡部建澤部佑の3人を、行きつけの名店や歴史ある店舗などに案内する。

 神楽坂は今も江戸情緒が色濃く残り、代々この地に住む人々も多い街。ドラマ『僕とシッポと神楽坂』に登場する人々も、相葉演じる高円寺達也、通称「コオ先生」を中心に、神楽坂で暮らす人々の日常が魅力的な街の景色と共に温かく描かれる。

 中でも相葉が、そばを打てると聞いた峰が連れて行ったのは、2009年から9年連続でミシュランに掲載され続けている「石臼挽き手打 蕎楽亭」。目の前でそばを打つ職人さんを見た相葉は「おそば!」とテンションUP。職人さんの腕前に「うん、まぁまぁですね」と上から目線でコメントをして澤部から即座に「やかましいわ(笑)!」とツッコミをされつつ、間近でそのそば打ちの技を見学させてもらうことに。

 鮮やかに麺を切っていく姿に「うわ〜! こんなのできないよ!!」と思わず声をあげた相葉。すると職人さんが、「切ってみます?」と提案を。相葉は「いいんですか…?」と恐縮しながらも包丁を手に取って、いざ、まな板の前へ。これまで何度も番組でそばを打ってきた相葉の腕前が、ここで光ります。「うちの若い衆よりうまい」「真面目な性格が出てる」と職人さんも大絶賛だった。

 峰にお店を案内してもらう途中には、相葉が「今まさに、ここでドラマを撮ってますよ」と言う路地裏などの撮影スポットも紹介。芸者さんが通う料亭が残る道の一角にある“かくれんぼ横丁”では、渡部らに「ちょっとやってみてよ」と言われた相葉がコオ先生になりきって(?)ドラマの1シーンを再現。ドラマに何度も登場し、「お世話になってます」と相葉にとってもすっかり馴染みの場所になっている赤城神社では、現代的なデザインの神社が誕生した理由も学ぶ。

 ほかにも絶品の抹茶ババロアが堪能できる老舗甘味処や、名だたる文豪や映画監督に愛された旅館、あの有名脚本家が愛用する原稿用紙を生み出した江戸時代から続く老舗文具店など、神楽坂ならではの名店と街並みが続々登場。ドラマのスタートがさらに楽しみになりそうだ。



オリコントピックス