アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 夢眠ねむ、“飲み歩き”冠番組で禁酒を一時解禁 一緒に飲みたい人は「叶姉妹」

夢眠ねむ、“飲み歩き”冠番組で禁酒を一時解禁 一緒に飲みたい人は「叶姉妹」

 アイドルグループ・でんぱ組.inc夢眠ねむが14日、BS日テレで10月7日から始まる初の単独冠番組『夢眠ねむのまどろみのれん酒』(毎週日曜 後10:30〜11:00)の取材会を都内で開催した。グループでのパフォーマンスに専念するため禁酒していたが、新番組を機に一時解禁したことを明かし、お酒に対する愛を熱弁した。

【写真】その他の写真を見る


 かねてよりお酒好きを公言し、レシピ本も刊行するなど食への強いこだわりをもつ夢眠。新番組では夢眠が一人で美味しい酒と肴を求め各地ののれんをくぐる。

 取材会は都内の某パブで行われ、冒頭にはビールを手にした夢眠と報道陣で「乾杯」。初回放送のVTRを鑑賞し、「普段はでんぱ組のメンバーやタレントさんたちに助けられているんですけど、今回は初めて一人のロケで、出会う人に話しかけたり、ドキドキしました。でも、お酒の力を借りて楽しい収録になったので、この番組が私の芸能活動でも代表作になったらいいなと思います」と充実のロケを振り返った。

 そもそも禁酒するに至った経緯を問われると、以前は毎日のように家飲みをしていたそうだが「けっこう体質的にむくみやすくて、(でんぱ組の)『WWD』っていう曲でめっちゃ跳ぶんですけど、そのジャンプ力が飲んだ日と飲んでない日で違うって気づいて。それでここ数年はパフォーマンスに専念しようと、ジャンプ力のために禁酒してました」と告白。

 しかし、“プロ意識”で感心させたのも束の間、「でも酒飲みの禁酒ってちょっとユルくて…、ちょこちょこ飲んでた…」と小声で白状し笑わせると、「なので、収録中に(飲んでたことが)バレていくんですけど、そういうボロが出てくるところも注目して見てもらえたら」とアピールしていた。

 初回は一人ロケだったが、その後は夢眠が一緒に飲みたい「リアル友達」や「尊敬する酒の先輩」がゲストで登場する回もあり、さらに楽しく酒の世界を探求していく予定だという。「一緒に飲んでみたい人」を聞かれると、漫画『酒のほそ道』の作者・ラズウェル細木氏に加えて、叶姉妹の名前を挙げ「私と間逆でこの番組とも逆なんですけど、ラグジュアリー雰囲気なので、その日は私も露出をして…」と共演を夢見ていた。



関連写真

  • 夢眠ねむ (C)ORICON NewS inc.
  • カラフルなワンピース姿で登場した夢眠ねむ(C)ORICON NewS inc.
  • 『夢眠ねむのまどろみのれん酒』の取材会に登場した夢眠ねむ(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス