アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 吉沢亮、私生活は“地味男子”「全然モテない」

吉沢亮、私生活は“地味男子”「全然モテない」

 俳優の吉沢亮が13日、都内で行われた映画『あのコの、トリコ。』(10月5日公開)あなたを“トリコ”にします!最速試写会舞台あいさつに登壇した。劇中で地味で冴えないメガネ男子からかっこよく変わっていく主人公を演じた吉沢は「プライベートも地味なので、内気で根暗な男のほうが馴じむというか…やりやすくて楽しかったです」と親近感を抱いたそう。「全然モテないです」「僕のファンが長い人はわかると思うけど僕のなかにキラキラ感がない」と役柄との意外な共通点を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻コミックスで累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)した白石ユキ氏の漫画を実写化。田舎から東京の芸能コースがある高校に転入した主人公・鈴木頼(吉沢)、彼が一途に思いを寄せるヒロイン・立花雫(新木優子)、頼と雫、そして、恋のライバルとなる人気イケメン俳優・東條昴(杉野遥亮)が恋と夢を追いかけるストーリー。

 放送中の連ドラ『サバイバル・ウエディング』(日テレ)では“王子様”のような役柄で人気急上昇中の吉沢だが「むしろキラキラしてるほうが難しい」と本音。オフの際は「基本的に家で漫画読みながら酒飲んでる男なので…大人数だと気まずくなっちゃう」と地味な私生活を告白し、今回は「リュックの持ち方とか髪の毛のワックスをツヤのでないワックスを使ってメイクしてもらったり、表面的などんくささがでたらいいなと考えながらやりましたね」と役作りへのこだわりを明かした。

 また、タイトルにちなみ“虜”になっているものについて「お笑い芸人さんの動画をみてます」と紹介。お気に入りは“トンツカタン”だといい、会場にトンツカタンを知っている人が2、3人とわずかだと知ると「嘘でしょ!?」と驚きながら「トリオでコントを演られてる。めちゃくちゃシュールでありつつ、キャラクター性が面白くてネタもしっかりしてるし、結構面白いんですよ〜」と熱弁。

 しかしスタッフから「ラブストーリーなので他にないか?」と無茶ぶりカンペが指示されると「どういうのがいいの? こういうのに虜になってたらいいとか…」と会場に呼びかけ首をかしげ“動物系”というアイディアを得ると「いや〜最近猫の動画とか見てて〜。本当にかわいいんですよ〜癒やされてて休憩中、ずっと見てる〜猫の動画見てて〜かわいいッ」と“猫かぶり”なコメント。「大丈夫かな、これ、怒られそう」と我に返って苦笑していた。



関連写真

  • 私生活は地味だと明かした吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.
  • ハートの風船を持った若い女性たちに囲まれている吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あのコの、トリコ。』最速試写会舞台あいさつに出席した吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あのコの、トリコ。』最速試写会舞台あいさつに出席した吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あのコの、トリコ。』最速試写会舞台あいさつに出席した吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス