• ホーム
  • 芸能
  • 関西ジャニーズJr.西畑大吾、火9ドラマで大学生役 主演・高橋一生は「白シャツが似合う」

関西ジャニーズJr.西畑大吾、火9ドラマで大学生役 主演・高橋一生は「白シャツが似合う」

 関西ジャニーズJr.西畑大吾が10月スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『僕らは奇跡でできている』(毎週火曜 後9:00)でゴールデン帯連ドラ初出演を果たすことがわかった。西畑の他には、矢作穂香北香那広田亮平ら若手キャストも決定。4人は、主人公で“変わり者”大学講師・相河一輝(高橋一生)の教え子となる大学の学生を演じる。

 同ドラマは民放ゴールデン・プライム帯(午後7時〜11時)での連ドラ初主演を務める高橋が、生き物のフシギに目がない大学講師・一輝の日常をコミカルに演じるハートフルドラマ。西畑はイケメンなのにちょっぴり“天然”で、同級生からツッコまれる新庄龍太郎(しんじょう・りゅうたろう)役。群馬県から上京するものの、人生の目標は特になく“大学=遊ぶ場所”という認識で毎日を過ごしている。

 そんな新庄を演じる西畑は「すごくうれしい気持ちと『どうなるんやろ?』っていう不安がありました」と正直な心境を明かしつつ「ずっとお世話になっているカンテレ制作ということで安心感がありますし、恩返しみたいなものができればなという気持ちがあります」と意気込みを語る。

 顔合わせでは主演の高橋と初対面し、「なんであんなに白シャツが似合うんやろと(笑)。僕も白シャツを着てきたんですけど、似合い方が全然違うな〜という感じでした。この作品にかける思いを熱心にお話される姿を見て、“高橋一生さんについていったら間違いないんだろうな”と確信しました!」と信頼を寄せた。

 また、矢作演じる青山琴音(あおやま・ことね)は、ファッションが大好きなオシャレ女子大生で、気になる異性に対しては積極的に行動する“肉食系女子”。最初は一輝の授業に無関心だったものの、一輝の予期せぬ言動が頭から離れなくなり、徐々に興味を持つように…。矢作は「一輝先生とかかわってから、それまで何にも興味のなかった琴音が変わっていき、どう成長していくのか、まだ分からないですが、少しでも影響を受けている一輝先生に、琴音としてもっと近づいていけたらと思います」と2人の関係もみどころに。

 この他、北は生き物が大好きな真面目女子・尾崎桜(おざき・さくら)役。4人の中で唯一、熱心に一輝の授業を聞いているものの、自分に自信がないため、意見や発言はできない、控えめな女子学生。広田演じる須田巧(すだ・たくみ)は、4人の中で一番のしっかり者。天然な新庄の言動にツッコむこともある、というキャラクター。今後の活躍が期待される次世代俳優陣が物語を盛り上げる。



オリコントピックス