• ホーム
  • 芸能
  • のん『フジオロック』サプライズ出演 赤塚不二夫さん命日“バカ騒ぎ”でしのぶ

のん『フジオロック』サプライズ出演 赤塚不二夫さん命日“バカ騒ぎ”でしのぶ

 赤塚不二夫さんの没後10周年をみんなでバカ騒ぎしてしのぶイベント、『フジオロックフェスティバル』2日目公演が、きのう2日に東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催された。

【写真】その他の写真を見る


 赤塚さん命日のこの日は日本一バカな盆踊り「バカ盆踊り」と「ボツ10年ライブ」の二本立て。午後5時を過ぎ「バカ盆踊り」会場に現れたのは謎のバンド、OBANDOS。バケツや空き缶にホースといった生活用品を楽器に改造した珍妙な編成のグループだが、正体は安齋肇しりあがり寿、白根ゆたんぽら漫画家、イラストレーターで構成される自称・ノイズ系の工作バンド。さらに前日に引き続き大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋+二階堂和美らが「フジオ音頭」で盛り上げた。

 ザ・ガーデンホールの「ボツ10年ライブ」はLEO IMAIの熱いパフォーマンスで幕を開け、昨年の『バカ田大学音楽祭』にも出演した矢野顕子が続く。「つい、この間までフジロックの番外編に出るんだと思い込んでました」と客席の笑いを誘い、たくさんの方々が予想してたと思うので「それに沿ってみました(笑」と1曲目に「BAKABON」を歌う。楽屋で食べたおかずの味の話しがマクラとなって「ラーメンたべたい」に自然に入っていく様は上質の落語を聞いているよう。

 3人編成となった新生Sweet Robots Against The Machineは、TOWA TEI砂原良徳バカリズムの3人がそろって初のライブ・パフォーマンス。ラスト曲「ダキタイム(Dakitime)」の素早いセリフ回しはリハでも成功率が低かったと前置きしたバカリズムだが、本番では見事に成功させ、大きな歓声を浴びていた。

 2日間にわたるライブのトリを務めたのは高橋幸宏鈴木慶一のユニット・THE BEATNIKS。「ちょっとツラインダ」(1987)、「NO WAY OUT」(1981)など初期のナンバーも披露され、古くから応援してきたファンを沸かせた。後半はアグレッシブな演奏で客席をじわじわと熱くさせていく。

 ラストは、昨年の赤塚不二夫生誕80年記念『バカ田大学祭ライブ』で初披露され今やTHE BEATNIKSの定番曲となった「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」。スペシャルゲストに女優・アーティストとして活躍する「のん」が呼び込まれ、「シェー・シェー・シェー、DA・DA・DA」に合わせた振りを客席と一体となって楽しみ、場内の熱気も最高潮に。まさに会場がひとつになって、命日を文字通りのバカ騒ぎで締めくくった。


■『フジオロックフェスティバル』2日目
「ボツ10年ライブ」セットリスト

・LEO IMAI(LEO今井、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一)
01.Wino/02.Bite/03.New Roses/04.Fresh Horses /05.Tokyo Lights〜Heroes

・矢野顕子
01.BAKABON/02.夏なんです/03.ラーメンたべたい/04.夕焼けのなかに/05.ひとつだけ

・Sweet Robots Against The Machine (TOWA TEI+砂原良徳+バカリズム)
01.フューチャリズム(Futurism)/02.非常識クイズ(Insane quiz)/03.捨てられない街角(Boxes)/04.ダキタイム(Dakitime)

・THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)
01.Crepuscular Rays/02.鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章/03.ほどよい大きさの漁師の島/04.ちょっとツラインダ/05.NO WAY OUT/06.I've Been Waiting For You/07.Ark Diamant/08.Dohro-Niwa/09.シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya/ゲスト:のん



関連写真

  • のん『フジオロックフェス』でTHE BEATNIKSと共演 PHOTO:南賢太郎/三橋由美子/カニタマ
  • LEO IMAI=『フジオロックフェスティバル』2日目 PHOTO:南賢太郎/三橋由美子/カニタマ
  • 矢野顕子=『フジオロックフェスティバル』2日目 PHOTO:南賢太郎/三橋由美子/カニタマ
  • Sweet Robots Against The Machine=『フジオロックフェスティバル』2日目 PHOTO:南賢太郎/三橋由美子/カニタマ
  • THE BEATNIKS=『フジオロックフェスティバル』2日目 PHOTO:南賢太郎/三橋由美子/カニタマ
  • OBANDOS=『フジオロックフェスティバル』2日目 PHOTO:南賢太郎/三橋由美子/カニタマ
  • 『フジオロックフェスティバル』2日目 PHOTO:南賢太郎/三橋由美子/カニタマ
  • 『フジオロックフェスティバル』2日目 PHOTO:南賢太郎/三橋由美子/カニタマ

オリコントピックス