• ホーム
  • 芸能
  • 村瀬歩&林勇、アニメ『ムヒョロジ』魅力語る 原作の西義之氏「実は霊感がある」

村瀬歩&林勇、アニメ『ムヒョロジ』魅力語る 原作の西義之氏「実は霊感がある」

 声優の村瀬歩林勇が29日、都内で行われたテレビアニメ『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』第1話先行上映&トークイベントに近藤信宏監督とともに出席。作品の魅力やアフレコ現場の雰囲気などを語った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、悪霊による事件を処罰する「魔法律」が存在する日本で、天才魔法律家の六氷透(ムヒョ)と、助手の草野次郎(ロージー)が依頼人のさまざまな問題を解決していくダークファンタジー。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2004年〜2008年まで連載され、アニメが、8月3日からBSスカパー!、9月3日からアニマックスで放送される。

 MCからアフレコ現場での雰囲気を聞かれると、村瀬は「自由にアフレコさせていただいて、最初はムヒョの心の部分がわからなかったんですけど、ロージーの芝居を受けて自分の中でムヒョらしさが作り上げられていきましたね」と、ムヒョとロージーのように強い絆で結ばれた関係性を告白。

 サプライズゲストとして本作の原作者・西義之氏が登場し、アニメ化が決まった時の感想について「初めて話を聞いた時は嘘だと思いました(笑)。全然実感が沸かなかったです。でも完成したアニメを観て改めていい漫画だなと思いましたね」と笑いつつ「嘘偽りがあると読者にもわかるので、本当の自分が出たというか、削って削って魂から出てきた作品ですね。あと実は霊感もあるんです」と驚かせた。

 独特の世界観を持つ本作のアニメ化にあたって近藤監督は「アニメ化の話をいただいた時は周りのスタッフも盛り上がっていて、人気のある作品なんだなとプレッシャーがかかりました。ホラー作品を手がけたかったというのもありましたが、怖さだけでなくいろんな楽しみ方ができるように作っています。音楽についても、音楽だけで楽しめるくらいクオリティの高いものができあがったので、ぜひヘッドフォンで聞いてもらいたいですね」とこだわりを語った。

 これに対してキャラクターの役作りについて、村瀬は「キャラクター性を理解した上で体現してくださる経験豊富な先輩方が周りにいたので、その中に入っていけばいいという感覚になれました。漫画と違ってアニメは一連の動きがあって、音との連動もあるし、シーンの盛り上げ方や完成形がわからなかった部分もあったんですけど、みんなで協調して作り上げていくことができました」といい、林も「ロージーは本作の中で“成長”というワードを担っているんです。最初はおっちょこちょいで頼りないんですけど回を重ねるごとに成長を遂げていく部分とか、成長する上での気持ちの変化を表現できるように心がけました」と明かした。

 林がボーカルを務めるユニット・SCREEN modeが担当する本作のオープニングテーマ「GIFTED」の聴きどころや曲に込められた想いについて「“成長”と“挑戦”をキーワードに歌詞を書いていただいたんですけど、自問自答しながら、もがきながら進んでいく強さとか、友情や絆の大切さを歌った曲になっているので、登場するキャラクターとか、聞いてくれる人の応援歌になればと思います」とアピールした。

 アニメは、BSスカパー!で8月3日午後9時30分から、アニマックスで9月3日午後7時から放送開始。



関連写真

  • アニメ『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』先行試写会に出席した(左から)西義之氏、村瀬歩、林勇、近藤信宏監督
  • アニメ『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』先行試写会に出席した(左から)村瀬歩、林勇
  • 『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』キービジュアル (C)西義之/集英社・ムヒョロジ製作委員会

オリコントピックス