• ホーム
  • 芸能
  • 【18年4月期ドラマ賞】『ブラックペアン』趣里が新人賞、嵐・二宮の“相棒”役として存在感を発揮

【18年4月期ドラマ賞】『ブラックペアン』趣里が新人賞、嵐・二宮の“相棒”役として存在感を発揮

 オリコンによるエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が、18年4月期(第12回)の結果を発表。「新人賞」は、日曜劇場『ブラックペアン』(TBS系)でクールな看護師・猫田麻里役を好演した趣里が受賞した。

【写真】その他の写真を見る


◆少ない登場シーンで圧倒的な存在感を発揮

 猫田は主任看護師という立場ながら、一匹狼な性格の女性。暇を見つければいつも昼寝場所を探し回っているような自堕落な一面もあるが、看護師としての腕は一級品。“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医の主人公・渡海征司郎(二宮和也)も絶大な信頼を寄せる人物で、渡海が執刀する手術ではあうんの呼吸で器械出しを行い、見事なオペを繰り広げた。

 ストーリーの中で趣里演じる猫田の登場回数やセリフは少なく、またオペではマスクを付け明確に顔が映ることも多くはなかったが、目や行動で示す演技で渡海の相棒として存在感を発揮。視聴者からも愛される魅力的な“猫ちゃん”像を作り上げ、女優としての強度の強さを改めて見せつけた。なお、趣里の受賞コメントは以下のとおり。

■新人賞:趣里

 このような賞をいただけるなんて思ってもみなかったのでビックリしました。これまで賞をいただくことがあまりなかったので、このような立派な賞をいただくことができ、とても嬉しく、明日からも頑張ろうと励みになりました。自分だけではなく、スタッフや共演者の皆さんがいて、猫田麻里というキャラクターができました。今は皆さんにありがとうと言いたいです。猫田は、あまりセリフがありませんでしたが、あの病院にとって必要な存在だということと、人の命を救うことに誠実であるということをしっかり表現したいと思って撮影に臨みました。今回の新人賞を励みに、これからもお仕事を楽しみたいと思っています。

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者18名による審査会で決定する。



関連写真

  • クールな看護師・猫田麻里役を好演した趣里 (C)TBS
  • 日曜劇場『ブラックペアン』で好演、「第12回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で「新人賞」を受賞した趣里
  • 日曜劇場『ブラックペアン』でクールな看護師・猫田麻里役を好演した趣里 (C)TBS
  • 日曜劇場『ブラックペアン』でクールな看護師・猫田麻里役を好演した趣里 (C)TBS

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年9月24日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月24日号

<COVER STORY>
ジヒ・ナム氏(Instagram アジア太平洋地域パートナーシップス部門統括)
自分らしい自由な表現で
Instagram上のファンとの深いエンゲージメントを築く

<SPECIAL ISSUE>
バーチャル音楽番組を編集部が企画
“演歌・歌謡”を定義から再考 未来への提言

お問い合わせ

オリコントピックス