• ホーム
  • 芸能
  • 【18年4月期ドラマ賞】映画並みのスケール感で魅了、月9『コンフィデンスマンJP』古沢良太氏が脚本賞

【18年4月期ドラマ賞】映画並みのスケール感で魅了、月9『コンフィデンスマンJP』古沢良太氏が脚本賞

 オリコンによるエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が、18年4月期(第12回)の結果を発表。「脚本賞」は、『デート〜恋とはどんなものかしら〜』以来、約3年ぶりの連ドラ及び月9作品を手がけた『コンフィデンスマンJP』(ともにフジテレビ系)の古沢良太氏が受賞した。

【写真】その他の写真を見る


◆ドラマで“コンゲーム”を描く難しさとすごさ

 ここ最近、オリジナル脚本による作品が続く古沢氏だが、本作も完全オリジナル。信用詐欺師、二転三転する物語のジャンルを示す“コンゲーム”を題材に、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)による詐欺師グループが、奇想天外な計画で欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る、1話完結型のエンタテインメントコメディを繰り広げた。

 このようなコンゲーム作品は、単発の映画などでは見られるものの、本作が同局初の試みであるように、連ドラとして展開されるケースは稀。それはひとえに、刑事や医療ドラマとも異なる設定考察の難しさがあるからだ。古沢氏は約1年の期間をかけて、1話1話がまるで映画のようなスケールの大きな物語を執筆。その手腕が審査員から高く評価された。

 なお、主人公のダー子を演じた長澤まさみは、見事なコメディエンヌぶりを発揮し「主演女優賞」に輝いた。古沢氏の受賞コメントは以下のとおり。

■脚本賞:古沢良太氏

 コンゲームというすごく難しい題材で、1年という時間をかけてじっくりと脚本作りをしたので、このような賞をいただくことができとても嬉しいです。1話完結で描く、信用詐欺師の主人公たちの物語だったので、毎回設定を変えなくてはならず、1話ごとにゼロから違うドラマを作っているような感覚でした。メインキャラクターのダー子、ボクちゃん、リチャード、五十嵐、この人たちのやり取りが面白く魅力的で、仲間に入りたいと思えたり、(自分も)やりたいように生きようって思ってもらえたり、そういう開放感のあるドラマになったら良いな、ということに一番こだわっていた気がします。ありがとうございました。

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者18名による審査会で決定する。



関連写真

  • 『コンフィデンスマンJP』では、“コンゲーム”を題材に痛快コメディが展開された (C)フジテレビ
  • 「第12回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で「脚本賞」を受賞した古沢良太氏 (C)oricon ME inc.
  • ダー子、ボクちゃん、リチャードという、魅力的な登場キャラクターを描いた (C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』で信用詐欺師グループのリーダー的存在である主人公・ダー子を好演した長澤まさみ (C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』で遺憾なくコメディエンヌの才能を発揮した長澤まさみ (C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』より (C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』キービジュアル (C)フジテレビ

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年10月15日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月15日号

<COVER STORY>
丸野孝允氏(エンズエンターテイメント代表取締役社長)
今はファン向けのサービスを充実させることが重要
顧客の層に合わせたきめ細かいサービスも不可欠

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート9月度
映像ソフトへの需要喚起がますますカギに

お問い合わせ

オリコントピックス