アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 【コスプレ ビフォーアフター】他人と自分を“結びつけた”コスプレの魅力

【コスプレ ビフォーアフター】他人と自分を“結びつけた”コスプレの魅力

 世界を舞台に活躍するコスプレイヤーが多数登場するまでに裾野が広がった日本の『コスプレカルチャー』。そこで、ORICON NEWSでは、さまざまなイベントで活躍する人気レイヤーたちにインタビューを実施。今回は、海外のイベントにも参加する人気レイヤー・カモミールさん(左写真)と、モデルをしながらコスプレ活動をする璃波さん(右写真)に、コスプレによって自身のパーソナルな部分がどう変化したかを聞くと共に、普段レイヤーたちが見せることのない私服姿を披露してもらった。

■コスプレのおかげで、人と普通に接することができるようになった(カモミール)

 幼稚園の頃から、家で『ゼルダの伝説』や『テイルズオブシンフォニア』といったゲームばかりやっていたというカモミールさん。コスプレをするきっかけは「高校の文化祭で、友達から『着てみなよ』と言われてメイド服を着たのがきっかけ」とのこと。

 コスプレをする理由についてカモミールさんは、「コスプレをすると自分以外の別人格になれるから」と即答。続けて「だから他人とも自然と話ができるようになったんです!コスプレのおかげで人と普通に接することができるようになって、高校時代は委員長をやるまでに変わりました」と、コスプレが自身のパーソナルに強い影響を与えたと明かした。

■コスプレ仲間は中高生の同級生よりも長い付き合いになってます(璃波)

 カモミールさんと同じく、「表に出るのは苦手だった」という璃波さん。けれど、コスプレをすると別人格のキャラになれるため、「外にも出ても平気になった」と、自身の変化を語ってくれた。

 また、コスプレの魅力については「同じ価値観を持った仲間と繋がれる点が大きい!」と笑顔。大人になってから深い部分で繋がれる友人を作ることは難しいが、「コスプレがきっかけで、本音で話せる友達が出来ました。中高の同級生より長い付き合いになってます」と、他人との結びつきを変えたコスプレの魅力を教えてくれた。



オリコントピックス